2019.11.19

ハッスルの渡邊雄太、4本の3Pを含む22得点…7リバウンドも記録

チームの勝利に貢献した渡邊 [写真]=Getty Images(写真は昨季のもの)
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月19日(現地時間18日)、渡邊雄太がメンフィス・ハッスルの一員としてサウスベイ・レイカーズ戦に出場した。

 渡邊は第1クォーター残り2分2秒に3ポイントで初得点を決め、同1分33秒にダンク、同59秒にレイアップ。最初の12分間で7得点を叩きだすと、続く第2クォーターでは2得点2リバウンドをマークした。

 後半に入ると積極的に3ポイントを狙い、第3クォーターでは6本中3本成功。得点面でチームをけん引し、37分のプレータイムで4本の3ポイントを含む22得点に7リバウンド2アシスト2スティール1ブロックを記録した。

 なお、チームは第3クォーターに相手を突き放し、最終スコア137-120で快勝。渡邊のほか、ジャロッド・ユーソフ、ジョシュ・ジャクソン、ディアンソニー・メルトン、マット・ムーニー、ダスティ・ハナーズ、マーキス・ティーグも2ケタ得点を挙げた。