2017.04.18

スパーズがグリズリーズを下し2勝目、キャブスはペイサーズから逃げきり僅差で勝利/プレーオフ1回戦

スパーズはカワイ・レナードの37得点11リバウンドの活躍で2連勝を挙げた[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月18日(現地時間17日)、NBA2016-2017シーズンのプレーオフ1回戦第2戦が各地で行われた。 

 クリーブランド・キャバリアーズはインディアナ・ペイサーズを相手に連勝。32-29で迎えた第2クォーターはカイル・コーバーのアシストからレブロン・ジェームズが先制点を決めると、そこから4連続得点を挙げるなど最大13点のリードを奪う。しかし、残り2分20秒からは無得点に抑えられ、63-58で前半を折り返した。第3クォーターに入ると、カイリー・アービングケビン・ラブを中心に33点を積みあげ、守っては相手の得点を20点に抑えて点差を18点に。最終クォーターは相手の猛追を受け、試合終了残り4分25秒にサディアス・ヤングの得点で点差を1ケタにされ、同19秒には4点差まで詰め寄られる。それでも、直後にラブとカイリーがフリースローを沈めて勝負あり。キャブスが追いすがるペイサーズから逃げきり、117-111で勝利を収めた。

 ウェスタン・カンファレンス2位のサンアントニオ・スパーズは同7位のメンフィス・グリズリーズと対戦。試合開始19秒にカワイ・レナードのダンクシュートで先制すると、ラマーカス・オルドリッジのバスケットカウント、ダニー・グリーンの3ポイントシュートなどで主導権を握り、29-16で最初の12分間を終えた。第2クォーターも相手を上回る27得点を記録し、19点リードで前半を折り返した。第3クォーターは19点を挙げるにとどまったが、終始リードを保ったまま試合を進め10点差で最終クォーターへ突入した。ラスト12分間は、試合終了残り10分43秒からマイク・コンリー、マルク・ガソルに連続得点を許し、一気に4点差まで迫られたが、レナードとトニー・パーカーの得点ですぐさま応戦。同2分02秒にはパティ・ミルズの得点でリードを15点に広げ、最終スコア96-82で白星を挙げた。レナードは第1戦を上回る37得点11リバウンドの活躍を見せ、スパーズの2勝目に貢献した。

【試合結果】
クリーブランド・キャバリアーズ 117-111 インディアナ・ペイサーズ

メンフィス・グリズリーズ 82-96 サンアントニオ・スパーズ