2017.06.04

レブロンがプレーオフ通算3ポイント成功数で歴代2位に、ミラー氏の記録を上回る

レブロン(左)はミラー(右)氏の記録を上回り、3ポイントプレーオフ通算成功本数で歴代2位に [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月2日(現地時間1日)にオラクル・アリーナで行われたゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズによるNBAファイナル第1戦で、キャブスに所属するレブロン・ジェームズが2本の3ポイントシュートに成功。プレーオフ通算3ポイント成功本数が321本に到達し、レジー・ミラー氏(元インディアナ・ペイサーズ)の記録320本を上回って歴代2位に浮上した。

 レブロンは第1クォーター残り3分12秒に、この日自身最初の3ポイントを沈める。その後、第3クォーター残り7分53秒に2本目となる3ポイントを決めて記録を更新した。試合をとおしてレブロンはチーム最多の28得点を挙げ、プレーオフ通算得点を史上初の6000点台となる6023得点に積みあげたが、チームは91-113で敗れた。

 なお、歴代1位の記録を保持しているのは、マイアミ・ヒートでレブロンとチームメートだったレイ・アレン氏。プレーオフ通算で385本の3ポイントを成功している。また、ファイナル第1戦終了時点で、歴代4位のマヌ・ジノビリ(サンアントニオ・スパーズ)は318本、歴代5位のステフィン・カリー(ウォリアーズ)は301本をマークしている。