2017.06.14

現役NBA選手が東京で寿司を楽しむ、SNSで日本観光を報告

NBA選手のホーズ(左)が、レディック(右)とともに日本を訪れたことを報告した [写真]
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月13日、NBAのミルウォーキー・バックスに所属するスペンサー・ホーズが、自身のTwitterにある投稿をした。

「Sushi dreams in Tokyo」の文章と併せて、2014-2015シーズンにロサンゼルス・クリッパーズでチームメードだったJJ・レディックとの写真をアップ。写真に写りこまれた看板から、銀座にある「すきやばし次郎」と推測され、オフシーズンを利用して日本を観光しているようだ。

 29歳のホーズは216センチのセンターで、2月にシャーロット・ホーネッツからバックスにトレード。レギュラーシーズンは54試合で1試合平均6.2得点3.5リバウンドを記録した。

 一方、32歳のレディックは193センチのシューティングガードで、2016年にはリーグ1位の3ポイントシュート成功率をマーク。今季はレギュラーシーズン78試合で先発出場し、15.0得点を挙げた。