2017.10.01

「ランチは私のおごりだよ」、ファンがノビツキーに約2200円をプレゼント

1998-1999シーズンからマブスに在籍するノビツキー [写真]=Getty Images

 9月29日に行われた、ダラス・マーベリックスの公開練習である“珍事件”が起こった。

 マブスのパワーフォワードであるダーク・ノビツキーが、あるファンから「You been taking discounts the past 6 years to help the team bring talent and a tittle… LUNCH IS ON ME BIG FELLA」(最近の6年間、チームのために減給し、選手を連れてきてくれたり、チームに優勝をもたらしたりしてくれた。ランチは私のおごりだよ)というメッセージ付きで、20ドル(約2200円)をプレゼントされたことをTwitterに投稿したのだ。今季、20年目のシーズンに挑むノビツキーにとって、非常にうれしいサプライズだろう。

 1999年2月5日にNBAデビューを果たしたノビツキーは、入団当初弱小だったマブスを自身のステップアップとともに、強豪へと導いた。2006-07シーズンには、シーズンMVPを獲得。2010-11シーズンには、チームに初の優勝をもたらし、ファイナルMVPも受賞。チーム歴代最高の選手として、ファンに愛されている。直近6年間、スタッツこそ全盛期に比べると劣るものの、大事な時間帯での勝負強さはいまだに健在。

 昨季は、史上6人目となるキャリア通算3万得点を達成(インターナショナルプレーヤーとしては初)。今季中に歴代総出場時間数(現在6位)、フリースロー成功数(現在7位)、そしてフィールドゴール成功数(現在9位)の順位を上げる可能性がある。

[写真]=Getty Images

 現在39歳のノビツキーは、7月に2年1000万ドル(約11億円)の契約を結んでおり、長くても、この契約が終了後、早ければ今季が最後のシーズンになるのではないかといううわさがある。昨季から新エースとして得点面で活躍を見せ始めているハリソン・バーンズ。小柄ながら、己の武器を活かしブレイクしたヨギ・フェレルやセス・カリー。そして期待のルーキーであるデニス・スミスJr.と、チームは若くポテンシャルのある選手がそろっているので、ファンとしては、ノビツキー引退前に、若い力とともにプレーオフにカムバックしてもらいたいところだろう。

文=中野知馬