2017.10.04

NBAオールスターの東西対抗戦が廃止、キャプテンが自軍選手を指名する形式に

2017年はニューオーリンズで開催されたNBAオールスターゲーム [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAは10月4日(現地時間3日)、2017-18シーズンにおけるオールスターゲームのフォーマットを変更すると発表した。

 これまでは、イースタンカンファレンス、ウェスタンカンファレンスからそれぞれ、先発出場の5選手をファン投票、ベンチ出場の7選手をコーチ推薦で選出し、東西に分かれてチームを構成。しかし、新ルールでは、出場選手計24名を選出する方法は継続されるものの、東西対抗の図式を廃止。それぞれのカンファレンスで最多得票を集めた計2選手が、チームキャプテンに就任し、残りの計22名の選手をドラフトすることでチーム分けを行う。

 なお、今季のオールスターゲームは、2018年2月19日(同18日)にロサンゼルスのステープルズ・センターで行われる。