2017.11.09

伝統の一戦はセルティックスに軍配、開幕2連敗を経て怒とうの10連勝達成

レイカーズを下したボストン・セルティックス [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月9日(現地時間8日)、TDガーデンでボストン・セルティックスとロサンゼルス・レイカーズが対戦した。

 NBA優勝17回のセルティックと同16回のレイカーズによる一戦は、セルティックスのジェイレン・ブラウンが試合開始36秒にチーム初得点を挙げると、カイリー・アービングとマーカス・モリスが連続得点をマーク。その後も優位にゲームを進め、第1クォーターで33-16と17点のリードを奪った。

ロンゾ・ボール(左)とカイリー(右)のマッチアップ [写真]=Getty Images

 続く第2クォーターはモリスの3ポイントシュートで幸先良く先制したが、終盤は一転してレイカーズのペース。54-41で迎えた残り2分53秒にジュリアス・ランドルに2本のフリースローを決められると、ブランドン・イングラムにシュートを許して点差が1ケタに。一時6点差まで詰め寄られたが、アロン・ベインズの得点などで61-52まで立て直して前半を終えた。

 第3クォーターも相手に主導権を握られて87-81。最後の10分間も拮抗した展開となったが、リードを守りきったセルティックスが107-96で勝利を収めた。ベインズが21得点8リバウンド、カイリーが19得点6リバウンド5アシストを挙げ、チームを10連勝に導いた。

【試合結果】
ロサンゼルス・レイカーズ 96-107 ボストン・セルティックス
LAL|16|36|29|15|=96
BOS|33|28|26|20|=107