2017.11.17

セルティックスが怒とうの14連勝、カンファレンス首位対決でウォリアーズを撃破

ウォリアーズから逆転勝利を収めたセルティックス[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月17日(現地時間16日)、13連勝中でイースタン・カンファレンス首位を走るボストン・セルティックスが、ホームのTDガーデンでウェスタン・カンファレンス首位のゴールデンステート・ウォリアーズを迎え撃った。

 試合開始15秒にカイリー・アービングのアシストからアル・ホーフォードが先制点を奪ったが、その後はケビン・デュラントに8得点を与えるなどで、18-28と大きく出遅れる。しかし、第2クォーターは終盤にジェイレン・ブラウンの連続得点、ホーフォードのフリースローで点差を縮め、5点ビハインドで前半を終えた。

[写真]=Getty Images

 第3クォーターは一時17点差までリードを広げられたが、残り4分9秒からブラウンが10得点を挙げる活躍を見せ、68-68の同点に追いつく。最終クォーター序盤は、なかなかリードを奪えない展開となるも、試合終了残り6分18秒にジェイソン・テイタムのフリースローが決まり試合をひっくり返す。その後は拮抗したが、88-88で迎えた同14秒にカイリーが2本のフリースローを沈めると、このリードを守りきり最終スコア92-88で逆転勝利。カンファレンス首位対決を制したセルティックスが14連勝を達成した。

【試合結果】
ボストン・セルティックス 92-88 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS|18|24|26|24|=92
GSW|28|19|21|20|=88