2017.12.05

キャブスがブルズに勝利、フランチャイズ史上2位の12連勝

12連勝によりセルティックスに次ぐイースト2位へと浮上したキャブス[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月5日(現地時間4日)、クリーブランド・キャバリアーズがアウェイでシカゴ・ブルズと対決し、キャブスが113-91と勝利。これにより、フランチャイズ史上2位の12連勝を飾った。

 試合は第1クォーター序盤にホームのブルズが6連続得点し、同クォーター残り9分30秒にはジャスティン・ホリデーの3ポイントシュートが決まり、3-9とブルズがリード。そこから約3分間、両チーム共にショットミスやターンオーバーが続くも、残り約6分半からレブロン・ジェームズのレイアップとダンク、ケビン・ラブのジャンパーと3ポイントシュートが決まって9連続得点し逆転に成功すると、それ以降キャブスが点差を広げて勝利した。

 レブロンは試合後、現地メディア『cleveland.com』に対して「俺たちのゲームをしたほうが良いと思った。シンプルなことさ。彼ら(ブルズの選手たち)はハードにプレーし、ボールをシェアしていた。だから、俺たちのゲームができなければ(この試合に)負けてしまうと思ったのさ」と語っている。

 そのレブロンはこの試合、23得点7リバウンド6アシストとオールラウンドな成績を残し、ラブが24得点13リバウンドをマーク。また、昨季ブルズに所属し、バイアウトによりキャブスと契約したドウェイン・ウェイドがベンチスタートながら24得点6リバウンドを奪う活躍を見せている。

 ちなみに、キャブスが持つフランチャイズベストの連勝記録は、2008-09シーズンと2009-10シーズンに1度ずつ記録した13。キャブスの直近のスケジュールは、12月7日(同6日)にホームでキングス戦、9日(同8日)にアウェイでペイサーズ戦が組まれているが、このまま連勝が続くのかどうか、興味深いところだ。

【試合結果】
クリーブランド・キャバリアーズ 113-91 シカゴ・ブルズ(@ユナイテッド・センター)
CLE|29|32|25|27|=113
CHI|22|23|26|20|=91