2017.12.06

右足首ねんざのステフィン・カリー、最低2週間の戦線離脱

最低2週間の戦線離脱となったカリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月5日(現地時間4日)に行われたニューオリンズ・ペリカンズ戦。第4クォーター終盤に右足首をねんざしたステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)が6日(同5日)、ノースカロライナ州シャーロットにてMRI検査を受けた結果、最低2週間の戦線離脱することとなった。

 5、6年前にも同じ個所をねんざしていたカリーは、前日の試合後に現地メディア『ESPN』に対して「痛めてしまったけれど、早く戻ってくることができるように、氷で冷やしてできるだけ早く治療していくよ」と話している。

 12月7日(同6日)は、カリーの故郷であるシャーロットを本拠地とするホーネッツとの試合があるものの、残念ながら欠場することとなった。そんな中、カリーは6日(同5日)に母校デイビッドソン大のホーム、ベルク・アリーナに登場し後輩にエールを送った。