2017.12.07

【NBA】50得点ゲームを最も多く記録した選手は誰!?

通算31度のジョーダンは歴代2位[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月6日(現地時間5日)に、ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールがキャリアハイの51得点を記録した。今季はレブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/57得点)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ/56得点)も50得点以上を記録しており、3選手がそのリストに入っている。では、過去に50得点以上を最も多く記録した選手は一体どの選手なのだろうか。まずは現役選手のトップ5から見てみよう。

■50得点以上を挙げた選手 現役TOP5■
1.レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)/11回
2.ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)/6回
3.ステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)/5回
 ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)/5回
5.カーメロ・アンソニー(オクラホマシティ・サンダー)/4回
ケビン・デュラント(ゴールデンステート・ウォリアーズ)/4回
※対象はレギュラーシーズンのみ

ウェストブルック(右)とカーメロ(左)を擁するサンダー[写真]=Getty Images

 やはりというべきか、レブロンが堂々トップにランクイン。2位のハーデンを2倍近く上回っている。ここで注目したいのは、上記6名のうち、ウォリアーズ(カリーとデュラント)とサンダー(ウェストブルックとアンソニー)が、それぞれ2選手ずつランクインしている点。この2チームの爆発力を象徴していると言っていいだろう。では、歴代上位5選手を見てみよう。

■50得点以上を挙げた選手 歴代TOP5■
1.ウィルト・チェンバレン(元ウォリアーズほか)/118回
2.マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)/31回
3.コービー・ブライアント(元レイカーズ)/25回
4.エルジン・ベイラー(元レイカーズ)/17回
5.リック・バリー(元ウォリアーズほか)/14回(ABA時代は除く)
※対象はレギュラーシーズンのみ

 チェンバレンが残した118回というとてつもない記録は、おそらく今後破られることはなさそう。2位以降にジョーダン、コービーといったスーパースターが並ぶものの、歴代記録で見ていくと、現役トップのレブロンが持つ11回はアレン・アイバーソン(元シクサーズほか)と並ぶ歴代6位タイ。今後順位を上げる可能性はあるものの、上には上がいるということがわかる。とはいえ、1試合で50得点することは簡単ではないことは明らか。NBA選手が50得点以上したのであれば、遅かれ早かれ、ハイライトシーンを楽しむべきなのかもしれない。

歴代2位となる1試合81得点を挙げたコービーは、25回で3位にランクイン[写真]=Getty Images