2018.01.12

【NBA】現地メディアが予想する今年のオールスター選出メンバーとは!?

今季ポールが出場した試合でロケッツは19勝4敗。8割以上の勝率ながら、17試合に欠場しているため、選出は微妙か[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月12日(現地時間11日)、オールスター ファン投票の第2回途中結果がNBAから発表された。ファン、プレーヤー、メディアによる投票は1月16日13時59分(同15日)までとなり、1月24日(同23日)には今年のオールスター出場選手が明らかになる。

 今年のオールスターには誰が選ばれるのだろうか。意外な選出もあれば、初出場を飾る選手もいるだろう。

 そこで今回は、1月6日(同5日)の記事ではあるものの、現地メディア『USA Today』の記者がセレクトした、今年のオールスター選出メンバー予想を紹介したい(WCは、ヘッドコーチ推薦でバックコート2名、フロントコート3名の他にポジション問わずに2名投票するワイルドカードをさす)。

<イースタン・カンファレンス>
■スターター

ガード:カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)
ガード:デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)
フォワード:レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
フォワード:ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
センター:ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)

■リザーブ
ガード:ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)
ガード:ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ)
フォワード:クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)
フォワード:ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)
センター:アル・ホーフォード(ボストン・セルティックス)
WC:ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)
WC:トバイアス・ハリス(デトロイト・ピストンズ)

オラディポが選出されれば、2013年のドラフト組として初選出となる[写真]=Getty Images

 もしこの予想どおりになった場合、エンビード、ビール、オラディポ、ポルジンギス、ハリスと、実に5人が初選出となる。新人のベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)の可能性もあるが、リザーブ陣であるビール、オラディポ、そしてウォールは所属チームの主軸として、ハリスもピストンズのトップスコアラーとして活躍しており、オールスター選出に値する選手と言っていいだろう。

<ウエスタン・カンファレンス>
■スターター

ガード:ステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)
ガード:ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
フォワード:ケビン・デュラント(ゴールデンステート・ウォリアーズ)
フォワード:ラマーカス・オルドリッジ(サンアントニオ・スパーズ)
フォワード:アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ)

■リザーブ
ガード:ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
ガード:デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
フォワード:ジミー・バトラー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
フォワード:ポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー)
フォワード:デマーカス・カズンズ(ニューオリンズ・ペリカンズ)
WC:クレイ・トンプソン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)
WC:ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

 ファン投票では10位だったオルドリッジがスターターへ。これは、プレーヤーとメディア投票が多いと見越した予想となっている。この中では、リラードがオールスターに選出されれば、2015年以来3度目の選出となる。ウエスト2位のロケッツからハーデンだけというのは寂しい気もするが、クリス・ポールは今季17試合を欠場していることから、リラード、トンプソンのほうがふさわしいと判断したということ。

今季のリラードは平均25.0得点4.9リバウンド6.4アシストと、見事な成績を残している[写真]=Getty Images

 毎年オールスターの選出には、オールスター級と呼べる活躍をしながら漏れてしまう出来事が起こる。今年のイーストではシモンズやアンドレ・ドラモンド(ピストンズ)、ウエストではカール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ)などが該当するのだろう。ポールやカワイ・レナード(スパーズ)といった常連組はケガによる欠場の多さが不選出の要因となりそうだ。

 はたして、今年のオールスターはどのようなメンバーになるのか。1月24日(同23日)まで楽しみに待ちたい。