2018.02.18

【NBAオールスター】スキルズチャレンジはディンウィディーが優勝、決勝でマルッカネンに勝利

スキルズチャレンジはネッツのスペンサー・ディンウィディーが優勝[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月18日(現地時間17日)、「NBAオールスター2018」で行われるイベントの1つ、「スキルズチャレンジ」がロサンゼルスのステープルズ・センターで行われた。

 サタデーナイトの最初に行われる同イベントは、さまざまな障害物をドリブルでかわしていき、指定されたスポットへ正確なパスをとおし、決められた位置からどれだけ早くショットを決めることができるかを測定し、そのタイムを競う。

 出場選手にはアンドレ・ドラモンド(デトロイト・ピストンズ)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、アル・ホーフォード(ボストン・セルティックス)、スペンサー・ディンウィディー(ブルックリン・ネッツ)、ラウリ・マルッカネン(シカゴ・ブルズ)、バディ・ヒールド(サクラメント・キングス)、ジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)、ルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・クリッパーズ)の計8選手が出場し、ビッグマンとガード選手に分かれてのトーナメントを行った。

 決勝戦に勝ち残ったのは、マルッカネンとディンウィディー。決勝では、スピードで勝るディンウィディーがスタートから先行すると、最後の3ポイントも2本目で成功させて優勝を果たした。