2018.03.28

【NBA】歴代屈指のディフェンダー、ゲイリー・ペイトンが現役PGにおけるTOP5ディフェンダーを選出

ペイトン(右)が現役PGでトップディフェンダーとして挙げたのはポール(左)だった[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

純粋なPGとして史上唯一DPOYに輝いたペイトン

 NBAのアワードの1つに、最優秀ディフェンシブプレーヤー賞(DPOY)というものがある。シーズンごとに最もインパクトを残したディフェンダーだけが手にすることのできる業績だ。

 過去に21人ものディフェンダーが選出されてきたのだが、純粋なポイントガードでDPOYを獲得したことがあるのは、1996年のゲイリー・ペイトン(元シアトル・スーパーソニックスほか)しかいない。

PGとしては歴代最高のディフェンダーの1人と称されるペイトン[写真]=Getty Images

 ペイトンは俊敏なフットワークと機敏な手の動き、そして相手選手の集中力を低下させるトラッシュトークを武器に、“グローブ”という異名のとおり、マッチアップ相手を抑え込んできた。

 キャリア17シーズンで、オールNBAディフェンシブファーストチームに9度も選ばれた実績を誇るペイトンは、NBA史上最高級のディフェンダーと言っていい。

ポールをトップとしつつ、新人ボールも高評価

 3月28日(現地時間27日)、そのペイトンが『NBA TV』のスタジオに登場。現役ポイントガードの中から、優れたディフェンダーTOP5を語っていたので紹介したい。

 ペイトンが真っ先に名前を挙げたのは、キャリア13シーズン目をプレーする32歳のクリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ)。

 「彼は本当のオンボール・ディフェンダーではないが、ディオン・サンダース(MLBワールドシリーズとNFLスーパーボウルの両方に出場した唯一の選手として知られるマルチアスリート)のような選手であることを皆はわかってないようだ。彼はどこにでも現れる。インターセプトを狙っているし、自らの手でボールを奪い取ってしまう。彼はなんでもできるのさ」とペイトンはポールを絶賛。

マッチアップ相手の一瞬の隙を突いて奪うスティールも得意とするポール(右)[写真]=Getty Images

 続いてペイトンの口から出た選手は、ロサンゼルス・クリッパーズのパトリック・ビバリー。ビバリーが見せる粘着気質なディフェンスに対し、ペイトンはこのように語った。

 「私はビバリーのことを、最もすばらしいオンボール・ディフェンダーだと思っている。まるでボールにでもなって相手選手を監視するかのようにつきまとい、マッチアップ相手の仕事を難しくさせるのさ」。

マッチアップすることを嫌う選手もいるほど、ビバリーのタフなディフェンスは評価が高い[写真]=Getty Images

 ペイトンが挙げた残りの3選手は、マーカス・スマート(ボストン・セルティックス)、ラジョン・ロンド(ニューオリンズ・ペリカンズ)、そして20歳のルーキー、ロンゾ・ボール(ロサンゼルス・レイカーズ)だった。

 「今後数年で、私はボールがすばらしいバスケットボールプレーヤーになることができると思っている。夏の間に彼自身のゲームを磨いていくはずだ。もっともディフェンス面に関しては、これからもずっと、良い働きをしていくだろうね」。

198センチの長身から、豪快なブロックも繰り出すボール[写真]=Getty Images

 また、ペイトンはスマートについて「毎試合あふれんばかりのエナジーでディフェンスに取り組んでいる」と称賛し、ロンドについては自身の現役時代に苦しめられた「ジョン・ストックトン(元ユタ・ジャズ)のようだ」と持論を展開。

プライドを持ってディフェンスに臨むスマート[写真]=Getty Images

 ポール、ビバリー、スマート、ロンドに関しては、ディフェンスに定評があったものの、ペイトンがボールについても自信を持って語っており、高く評価していたことは興味深い。

 残念ながら、ビバリーは右膝負傷により今季絶望、スマートも右手親指の負傷により、今季絶望になる可能性があるものの、ここで紹介された選手たちのプレーを見る機会があれば、是非ともそのディフェンンス面をチェックしてみてほしい。

長い腕を存分に活かしたディフェンスが持ち味のロンド[写真]=Getty Images