2018.04.14

1回戦プレビュー Part.2 ウォリアーズ×スパーズ/プレーオフ特別企画⑨

ウォリアーズはデュラント(左)、スパーズはオルドリッジ(右)がオフェンスの中心となる[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

4月15日(現地時間14日)から、計16チームによる今シーズンの王座を懸けた激闘、「NBAプレーオフ2018」が幕を開ける。そこでバスケットボールキングでは、プレーオフ出場チームやシリーズ勝敗予想に加え、これまでのプレーオフにおける名シーンや印象的なシリーズ、ゲームなども順次お届けしていく。

<プレーオフ特別企画⑨>
ファーストラウンド プレビュー Part.2
ゴールデンステート・ウォリアーズ×サンアントニオ・スパーズ

■2017-18シーズン成績
ウォリアーズ>58勝24敗(ウエスタン・カンファレンス2位)
スパーズ>47勝35敗(ウエスタン・カンファレンス7位)

■2017-18シーズン直接対決戦績
ウォリアーズの3勝1敗

■ウォリアーズ

カリー不在の中、KDとトンプソンを軸に挑む

 3月下旬に負った左膝の負傷のため、ステフィン・カリーはファーストラウンドを欠場することが濃厚。今季平均26.4得点を挙げているカリーは、ウォリアーズのオフェンスにおいて最も重要なコグ(歯車)だけに、オフェンス面は決して万全とは言えない状態にある。

 事実、カリーがコートにいる時のウォリアーズは、オフェンシブ・レーティングで120.4点、相手チームを14.7点も上回る数字を残していた。一方、カリー不在となると、その数字は106.1点までダウンしていた。

 スパーズとのシリーズでは、KDことケビン・デュラントと、クレイ・トンプソンが中心となって攻めていくこととなる。デュラントはアイソレーションでも得点できるうえに、キャッチ&シュートの3ポイントシュートでリーグ2位となる49.0パーセントという高い成功率を残している。デュラントとトンプソンはミドルレンジショットも精度が高いため、スパーズに脅威を与えることは十分可能だ。

右手親指の骨折から復帰したトンプソン。現地時間4/8のサンズ戦では6本の3ポイントを含む34得点をマークした[写真]=Getty Images

 カリーのポジションには、3月下旬から先発の座をキープするクイン・クックが務めることが濃厚。カリーと比較するのはさすがに酷だが、ショット全般の成功率は高く、プレーオフでスランプにならなければ、及第点を与えられるプレーを見せるだろう。このチームにはドレイモンド・グリーンをはじめ、ベンチからショーン・リビングストン、アンドレ・イグダーラといった堅実な選手が複数いる。そのため、パスの配球役に困ることはないだろう。ディフェンス面で大崩れしなければ、1回戦を突破するに違いない。

■スパーズ

レナード復帰は微妙、得点力アップが勝利へのカギ

 攻防両面に秀でた大黒柱カワイ・レナードを72試合も欠く中で、47勝も挙げたことは称賛に値する。ビッグマンのラマーカス・オルドリッジを中心とする攻撃面では、オフェンシブ・レーティングがリーグ17位(105.5点)。特に3ポイントシュート成功率が昨季(39.1パーセントでリーグ1位)から大幅にダウン(35.2パーセントでリーグ26位)しており、苦戦していた。

オルドリッジは今季のウォリアーズ戦で平均26.8得点を挙げている[写真]=Getty Images

 一方、ディフェンス面では平均失点(99.8)でリーグトップ、ディフェンシブ・レーティングでもリーグ3位(102.6)と上々の成績を残している。今季のスパーズは、ディフェンスをベースに勝ち星を積み重ねてきたと言っていいだろう。

 とはいえ、ウォリアーズとのシリーズにレナード抜きで勝利することはほぼ不可能。14日(同13日)の時点で分かっているのは、レナードが第1戦には出場しないということ。だが、グレッグ・ポポヴィッチHCもレナード復帰については「いつ戻ることができるのか分からない」と話しており、何とも言えない状況。

 カリーが不在とはいえ、スパーズが得点力でウォリアーズに対抗するためには、オルドリッジの活躍は当然として、パウ・ガソルやルディ・ゲイ、パティ・ミルズといった選手たちが安定してショットを決めること、そしてアウェーの試合になるとショットの成功率が低下するブリン・フォーブスとカイル・アンダーソンがアウェーでもショットを決めていくことが、勝利するために必要な条件として挙げられる。

■シリーズ予想 ウォリアーズ 4-1 スパーズ

ディフェンス面で苦戦しなければウォリアーズが圧倒か

 昨季のウエスト決勝では、レナードが第1戦途中にケガのため戦線離脱し、ウォリアーズがスパーズをスウィープ。今季は両チームとも昨季と同じロースターではないものの、ほぼ同等の戦力を擁している。

 その中で、連覇を目指すウォリアーズはカリー、スパーズはレナード不在で戦うことが濃厚。オフェンス面で圧倒したいウォリアーズと、ディフェンシブでスローな展開に持ち込みたいスパーズという構図で展開されることとなりそうだ。

 スパーズでカギを握るのは、オルドリッジとデジャンテ・マレー。試合に勝利するためには、ウォリアーズを上回る得点が必要となるため、オルドリッジには30得点前後が毎試合求められる。そして運動量豊富なマレーは、トンプソンらの得点を少しでも減らしたいところ。シーズン平均は8.1得点と高くはないマレーだが、この男がコートにいる時間帯で、スパーズのディフェンシブ・レーティングは98.1点と、リーグ屈指の好数字を残している。ディフェンスを強みとするスパーズにとって、マレーは不可欠な選手となった。

マレー(左)には、クック(右)の高得点を防ぐことと、自身の得点を伸ばすことが求められる[写真]=Getty Images

 仮にシリーズ中にレナードが復帰しても、スパーズはチームバスケットを展開しているため、チームとしてステップアップできる可能性は低い。レナードが大爆発して勝利できたとしても、それは1試合くらいだろう。それよりも、ロースコアに持ち込み、プレーオフ経験豊富なトニー・パーカー、マヌ・ジノビリ、ガソルといったベテランに勝負どころを締めてもらう方が勝利に近づくはずだ。

 ウォリアーズは、ディフェンス面で厳しさを取り戻すことができればスパーズとのシリーズを早々に終わらせることができるかもしれない。オフェンス面ではデュラントとトンプソンだけでなく、ニック・ヤングやクックなど爆発力を持った選手を抱えている。シリーズ平均20得点は望めなくとも、彼らの活躍で1、2勝を挙げることができるのであれば、スパーズを打ち砕くこととなるに違いない。このシリーズは、やはりウォリアーズが1枚上手と言えるだろう。

デュラントは現地時間3/8のスパーズ戦で、37得点11リバウンド4ブロックと大暴れ。スパーズがこの男をストップすることはさすがに困難か[写真]=Getty Images