2018.07.16

マーティンが16得点9リバウンドの活躍も、セルティックスはクォーターファイナルで敗れる

攻守で存在感を放ったハッサン・マーティン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月16日(現地時間7月15日)に行われた「MGM Resorts NBAサマーリーグ2018」で、ボストン・セルティックスがセミファイナル進出を懸けポートランド・ブレイザーズと対戦した。

 琉球ゴールデンキングスと契約満了のハッサン・マーティンは、第1クォーター開始3分52秒から出場。同4分46秒には相手のシュートをブロックすると、同クォーターで2得点2リバウンド1アシストも記録した。第2クォーターはリバウンドを中心にチームに貢献。第3クォーターでは4本放ったフリースローをすべて沈め、残り13秒にはダンクシュートを叩きこんだ。

 最終10分間はややミスが目立ったものの4得点3リバウンドをマークし、試合をとおして計16得点。チーム最多となる約31分間に出場し9リバウンドを挙げる活躍を見せたが、セルティックスは80-95で敗れ、クォーターファイナルでサマーリーグを終えた。