2018.08.04

ピストンズの主砲ドラモンドが「この夏は毎日200本のコーナー3を決めてる」と言及

1ランク上の選手となるべく、精力的にトレーニングを続けるドラモンド[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

新たなコーチ陣とのミーティングを機にスキルアップに取り組む

 今夏、デトロイト・ピストンズはスタン・バン・ガンディ前HCを解任し、新たにドウェイン・ケイシーを新指揮官に招へい。2016年を最後に遠ざかっていたプレーオフ返り咲きに向けて始動している。

 チームの主軸はオールスターセンターのアンドレ・ドラモンドと、万能型パワーフォワードのブレイク・グリフィン。前者はキャリア6年で2度のオールスター選出とリバウンド王を獲得した24歳のビッグマン。後者は今年1月下旬にロサンゼルス・クリッパーズから移籍してきた元オールスターで、8年のキャリアで平均21.5得点9.2リバウンド4.3アシストを記録するオールラウンダーだ。

ラスベガスで行われたアメリカ代表のミニキャンプに参加したドラモンド(右)とグリフィン(左)[写真]=Getty Images

 ここでは、今夏ドラモンドが行っていることについて紹介していきたい。

 昨季のドラモンドはキャリアハイとなる平均16.0リバウンド(リーグトップ)に加え、3.0アシストを記録し、新境地を開拓。フリースローでも自己ベストとなる成功率60.5パーセントを残しており、着実に選手として進歩を見せている。

リバウンドに対して無類の強さを発揮するドラモンド[写真]=Getty Images

 現地メディア『The Score』によると、ドラモンドはさらに進化すべく、3ポイントシュート習得にもトライしているという。

 キャリア6年で、ドラモンドが記録した3ポイントシュート試投数は30本。成功したのはわずか5本で、成功率は16.7パーセントに過ぎなかった。

 ところが、今夏はジムで重点的に練習をこなしており、手ごたえをつかんでいるようだ。

 「僕はただ楽しむためだけにコートでプレーしているわけじゃない。僕は来たる新シーズンに向けて、(3ポイントシュートを)練習しているんだ。今季は決めていくつもりさ」。

 今季の開幕に向けて、ドラモンドは自身が取り組んでいることについて、このように語っている。

 「ジムを出るまでに、僕は毎日200本のコーナー3を決めている。僕はこれを自分の武器にしようとしているんだ。何度も何度も同じショットを打ち続けることで、より快適な状態で決めることができるようになってきた。ここまではすごくいい感じさ」。

 ドラモンドはこれまで、ポストプレーを中心に得点を重ねてきたのだが、新たな指揮官とのミーティングを機に、さまざまな面でスキルアップを目指しているという。

 「コーチたちと話したんだ。コーナー3やボールハンドリング、リング付近における捕球などについてね。僕のゲームはもっともっと進化できるんだって。だから今、僕はすごく楽しみながらやってるんだ」。

Keep that same energy.. 👀 @remyworkouts @iamtailz @k.forest_ – same energy🎶

A post shared by Andre Drummond (@andredrummondd) on

 ピストンズは決してオフェンス力に秀でたチームではないため、ドラモンドがアウトサイドからも得点を重ねることができれば、より柔軟なオフェンスを遂行することができるに違いない。

 今季はグリフィンのドライブからコーナーにいるドラモンドへキックアウトし、鮮やかな3ポインターを決めるシーンを見ることができそうだ。

ドラモンドはコート上でも3ポイントを決めることができるか?[写真]=Getty Images