2018.08.06

ラスベガスのオッズメーカーによる今季の予想勝利数、レブロン加入のレイカーズは?

イーストトップ予想のセルティックス(左/写真はカイリー)とウエストトップ予想のウォリアーズ(右/写真はカリー)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

イーストはセルティックス、ウエストはウォリアーズがトップ予想

 8月6日(現地時間5日)、ラスベガスにあるウェストゲイト・スーパーブックのオッズメーカーによる、今季の予想勝利数が明らかとなった。

 イースタン・カンファレンスのトップ予想はボストン・セルティックスの57.5勝、続いてフィラデルフィア・セブンティシクサーズとトロント・ラプターズがそれぞれ54.5勝で追う様相となっている。

イーストでセルティックスを追うのはシクサーズ(右/ベン・シモンズ)とラプターズ(左/カイル・ラウリー)[写真]=Getty Images

 また、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)を失ったクリーブランド・キャバリアーズは30.5勝と、昨季(50勝)から大幅にダウンとなった。

 一方、強豪ひしめくウエスタン・カンファレンスでは、3連覇を狙うゴールデンステート・ウォリアーズがトップの62.5勝、昨季リーグトップの65勝を残したヒューストン・ロケッツが54.5勝、オクラホマシティ・サンダーが50.5勝でトップ3を形成。

 昨季のウエストでは、50勝以上を挙げたチームがロケッツ(65勝)とウォリアーズ(58勝)の2チームしかなかった。しかし3位のポートランド・トレイルブレイザーズから9位のデンバー・ナゲッツまでのゲーム差がわずか3ゲームと、大混戦となっていたのだが、今季もその流れは継続することが濃厚なようだ。

再契約したポール・ジョージ(左)とラッセル・ウェストブルック(右)という超強力なコアを擁するサンダーは3位予想[写真]=Getty Images

 このオッズメーカーでは、トップ3に続くチームとしてユタ・ジャズ(48.5勝)、ナゲッツ(47.5勝)、ニューオリンズ・ペリカンズ(45.5勝)、ミネソタ・ティンバーウルブズ(44.5勝)、サンアントニオ・スパーズ(43.5勝)、ブレイザーズ(41.5勝)をリストアップ。

 そして注目のレイカーズは48.5勝と、プレーオフ出場争いどころかウエストの上位争いにも食い込んでくるという予想となった。

レブロンが与えるインパクトはカンファレンスを問わず絶大

 このオッズメーカーのジェフ・シャーマンは現地メディア『ESPN』に対して、メールでこう語っている。

 「ウエスタン・カンファレンスは(イーストよりも)タフなものだと我々は感じています。その中で、レイカーズはウエストの他チームのように競争力があると判断し、この予想勝利数としました」。

 そしてレブロンの存在は、このオッズメーカーでも別格だという。昨季までのキャリア15シーズンにおいて、レブロンが所属していたチームは平均52.2勝を記録している点も、レイカーズの予想勝利数を大幅に上昇させる要因となったようだ。

 「我々はレブロンが与えたインパクトを何度も見てきました。彼がウエストに移ろうとも、これまでに見せてきたインパクトが著しくダウンすることはないと考えています。ヤングコアと共にレブロンがプレーすることで、レイカーズは10から12勝の上積みがあると我々は予想しました」。

レイカーズで新たなチャレンジに挑むレブロン。プレーオフ出場なるか?[写真]=Getty Images

 昨季、レイカーズが残した成績は35勝47敗。ブランドン・イングラムロンゾ・ボールカイル・クーズマ、ジョシュ・ハートといったヤングコアに、レブロンを筆頭とするベテラン陣を加えたことで、レイカーズは50勝近く挙げるという。

 もちろん、これらはあくまで予想であり、毎年下馬評のようにシーズンが進むとは限らない。開幕前に主力がケガをして出遅れることや新加入選手が多いことでチームがかみ合わないことも十分ありうるだろう。それでも、なかなか興味深い予想と言っていいのではないだろうか。