2018.08.07

「スパーズは他チームと違って、選手に対して率直なんだ」とルディ・ゲイが言及

「NBAアフリカゲーム」で南アフリカを訪れたゲイ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

昨季から加入したスパーズの対応をゲイがポッドキャストで絶賛

 昨季からサンアントニオ・スパーズでプレーするベテランのルディ・ゲイは、今夏スパーズと再契約を結び、在籍2シーズン目を迎えることとなる。

 キャリア12年を誇るゲイは、これまでメンフィス・グリズリーズ、トロント・ラプターズ、サクラメント・キングス、スパーズでプレー。平均34.6分17.9得点5.9リバウンド2.2アシスト1.3スティールという実績を残しており、スコアラーとして知られる選手だ。

 その中で、2012-13シーズン途中にグリズリーズからラプターズへトレードされ、翌13-14シーズン序盤にキングスへトレード。スコアラーとして期待されて加入したラプターズにおける在籍期間は、わずか1年未満で終わることとなった。

 そんな中、ゲイがスパーズとラプターズ(他のチーム全般)との違いについて口にしていたので紹介しよう。現地メディア『Hartford Courant』の“UConn Insider podcast”にて、ゲイはこのように語っていた。

 「サンアントニオでベストだと思うところは、彼らが正しいことをするということ。選手やスタッフたちに対して、正しいことをしようとしてくれる。正直な話、NBAではめったに起こるようなことじゃない」。

スパーズでプレーした昨季、ゲイは主にベンチスタートで平均11.5得点5.1リバウンドをマークした[写真]=Getty Images

 今夏、スパーズは大黒柱のカワイ・レナードをラプターズへトレードしたのだが、ゲイはラプターズに対してあまり良い印象を持っていないようだ。

 「レナードは(スパーズを)出たがっていた。そしてより大きなマーケットへ移籍しようとしていた。でも彼らは全体的に彼と率直に向き合い、(デマー・デローザンらとの交換で)トレードした。でも、(トレード先の)ラプターズは選手と率直に向き合ってくれるような組織とは言えないね」。

 ゲイ自身、ラプターズでは短期間でトレードに出された経験があるため、ネガティブな印象を持っているのだろう。それに、昨季までエースを務めてきたデローザンに対するラプターズの対応が、批判を浴びている。

 ラスベガス・サマーリーグが行われていた期間中、デローザンはラプターズの上層部と会って話をし、「君をトレードするつもりはない」といったことを投げかけられながら、その直後にスパーズへトレードされてしまったのである。

 「つまり、僕が言いたいのは昼夜を問わず、(スパーズとは)違うということ。このトレードは、スパーズと他チームの違いを示すことになったというわけさ」とゲイ。

 デローザン加入により、ゲイは今季、久々にチームメートとしてプレーすることとなる。ベテランとなったゲイは、スパーズで得点源として活躍することが期待されるデローザンにとって、心強い味方となるに違いない。

2014年のFIBAワールドカップではアメリカ代表として金メダルを手にしたゲイ(左)とデローザン(右)[写真]=Getty Images