2018.08.14

ウェストブルックがBリーガーや子どもたちと共演、華麗なプレーも披露「東京に来られて良かった」

代々木公園でキッズクリニックとエキシビジョンマッチを実施したラッセル・ウェストブルック[写真]=小沼克年
国内外のバスケ情報をお届け!

第2部は代々木公園でのキッズクリニックからスタート

 8月14日、『RUSSELL WESTBROOK 2018 WHY NOT TOUR』のため初来日したラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティー・サンダー)が、代々木公園でのイベントに登場した。

 同日の午前中は、ナイキ原宿でトークショーを実施したウェストブルック。17時からは代々木公園バスケットボールコートで体を動かした。たくさんの「ラッセルコール」に迎えられた“ミスター・トリプルダブル”は、はじめにキッズ対象のクリニックを開催。「トリプルダブルレッスン」と題され、得点、アシスト、リバウンドを網羅する2対2形式のメニューを行った。その後のミニゲームでは審判としてコートに立ったが、途中で目の前にボールがくると、迷わずゴールへ突進して本場仕込みのダンクシュートをたたきこんだ。試合を終えると、「みんながゲームを楽しんでいた。それが一番大事なことだ」と子供たちにエールを送った。

まずは子供たちを招いてクリニックを実施[写真]=小沼克年

ミニゲームではアドバイスを送る場面も見られた[写真]=小沼克年

 続いてのノックアウト方式のシューティングチャレンジでは、決勝戦に残った4名に加え、ウェストブルックが5人目の選手として参戦。3ポイントやリバウンドからのダンクシュートを決めて会場を盛りあげたが、惜しくも2位で終了。ウェストブルックを破って優勝した少年には、サプライズで最新作のバスケットボールシューズ『”Why Not?” Zer0.1』がプレゼントされた。

ノックアウトトーナメントでは3ポイントやダンクを披露[写真]=小沼克年

ラストは「TEAM WHY NOT?」vs「ALLDAY ALLSTAR」の豪華対決

 そして、ラストを飾ったのはメインイベントの7分前後半で行われたエキシビションマッチ。 日本のストリートバスケ界が誇る最大の5ON5トーナメント『ALLDAY』から選抜されたALLDAY ALLSTARと、ウェストブルックが監督となり、Bリーグで活躍するナイキアスリートを中心に構成されたTEAM WHY NOT?との夢の対決が実現した。TEAM WHY NOT?はアイラ・ブラウン古川孝敏(ともに琉球ゴールデンキングス)、竹内公輔田臥勇太(ともに栃木ブレックス)、岡本飛竜広島ドラゴンフライズ)、富樫勇樹千葉ジェッツ)、3x3を中心に活動する落合知也(越谷アルファーズ)という豪華メンバーで臨んだが、試合はALLDAY ALLSTARが終始主導権を握った。

Bリーガー中心に構成されたTEAM WHY NOT?[写真]=小沼克年

試合はALLDAY ALLSTARに軍配が上がった[写真]=小沼克年

 ほぼ勝敗が決した試合終了残り2分、ついにウェストブルックがコートに立つ。しかし、シュートを放つもリングを射抜くことはできずタイムアップとなった。不完全燃焼に終わったウェストブルックだが、最後は「両チームともハードに戦ってくれた。次に来たときは絶対に勝つよ」と雪辱を誓い、「本当に東京に来られて良かった。みんな“Amazing”だったよ」と詰めかけたファンへメッセージを送った。

琉球からはアイラ・ブランと古川が参加[写真]=小沼克年

ウェストブルックは、終始笑顔でイベントを楽しんでいた[写真]=小沼克年