2018.08.26

リーグ有数のディフェンダー、アンドレ・ロバーソン「12月中に復帰できればいいね」

ここ3シーズン、サンダーで不動の先発SGを務めているロバーソン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

サンダーでジョージと双璧をなす名ディフェンダーは不可欠な戦力の1人

 今年1月28日(現地時間27日)に行われたオクラホマシティ・サンダー対デトロイト・ピストンズ戦。サンダーの先発シューティングガードを務めていたアンドレ・ロバーソンが、左ひざ膝蓋腱を断裂してしまい、シーズン絶望となってしまう。

 1月29日(同28日)に患部の修復手術を受けたものの、ロバーソンの具体的な復帰時期について、明確な報道がなされていなかった。

 数少ない報道としては、7月中旬に現地メディア『Newsok.com』が、ロバーソンは9月下旬から始まるトレーニングキャンプに照準を合わせていると報じており、8月12日(同11日)にはロバーソン自身がスナップチャットを通じて、トレッドミルでランニングをしていることを明かしていた。

 そんな中、ロバーソン本人が復帰時期の目安についてコメントしていたので紹介しよう。

 8月25日(同24日)、サンアントニオを拠点とするネットワーク『KABB Fox-29』の“NewsOK”にて、ロバーソンはこう口にしていた。

 「僕は本当に、(復帰時期に関する)特定のタイムラインを設けていないんだ。でも、12月のどこかで復帰したいと思ってる。もしクリスマス前に復帰できたら最高だな。でもさっき話したように、これは確定とは言えない。トレーニングしながら一日一日、自分の状態を受け入れていくだけさ」。

 今夏のサンダーは、ラッセル・ウェストブルックポール・ジョージスティーブン・アダムズといった主軸に加え、ナーレンズ・ノエルやデニス・シュルーダーといった新戦力を獲得。インサイドにはジェレミー・グラントやパトリック・パターソン、バックコートにはベテランのレイモンド・フェルトンらもおり、充実の戦力を有している。

 とはいえ、ロバーソンはジョージと双璧をなすほどの名ディフェンダーであり、サンダーに不可欠な選手であることは間違いない。

 今はとにかく、万全なコンディションまで回復してから戦列復帰してほしいものである。

一昨季にはオールディフェンシブセカンドチームに選出されたロバーソン[写真]=Getty Images