2018.09.22

未契約FAの大ベテラン、ジャマール・クロフォード「自分の求める状況を待っている」

昨季までのキャリア18シーズンで、7チームを渡り歩いてきたクロフォード[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「フィットするチームかどうか」を重視し、プレーできる状態をキープする38歳

 2018-19シーズンのトレーニングキャンプまで1週間を切り、各チームのロースターがほぼ固まってきた中、キャンプ契約(無保証)も結んでいないフリーエージェント(FA)の選手が複数いる。

 その中の1人がジャマール・クロフォードだ。キャリア18シーズン目の昨季はミネソタ・ティンバーウルブズでプレーし、80試合すべてにベンチスタートとして出場。平均20.7分10.3得点1.2リバウンド2.3アシストをマークするも、今夏プレーヤーオプションを破棄して制限なしFAとなった。

フローターやプルアップジャンパー、3ポイントなどを駆使して短時間で2ケタ得点を挙げるクロフォード[写真]=Getty Images

 クロフォードとしては「チームのシステムにフィットするかどうか」を重要視しており、9月中旬にはロサンゼルス・レイカーズやゴールデンステート・ウォリアーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズといった複数のチームが獲得に関心を示していると現地メディアが報じていたものの、9月22日(現地時間21日)の時点で今季の去就は決まっていない。

 この日、『The Undefeated』へ掲載された記事の中で、クロフォードはこう語っている。

 「どこかのチームとの契約にサインすることはできたと思う。でも僕は自分がすごくフィットできるどこかのチームと契約して、そのチームを手助けできる状況を待っているだけなんだ」。

 スコアリングに関するスキルは十分持ち合わせているクロフォード。38歳ながら、自慢のボールハンドリングスキルは健在で、プレータイムさえ得られれば平均2ケタ得点を記録することは可能だろう。

 しかし、意中のチームと契約を結ぶまで、クロフォードはこのまま待機している状況になりそうだ。ただ、クロフォードは決して悲観しているわけではない。

 「僕としては、世界で最悪な事態だとは思っちゃいない。家族と一緒に過ごすことができているしね。僕は(自分が求めるオファーが来るまで)我慢して、いつでもプレーできる状態をキープするだけさ」。

 もしかすると、クロフォードが今季ユニフォームを身にまとうのは、レギュラーシーズンが幕を開けた後に主力が長期離脱してしまったチームへ、即戦力の大ベテランとして加入する時なのかもしれない。