2018.10.04

全30チームのGMが現状のNBAを分析する“GMサーベイ”結果/チーム、コーチ編

今季の優勝候補筆頭はウォリアーズ。史上4チーム目となる3連覇達成に期待がかかる[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月4日(現地時間3日)、『NBA.com』のジョン・シューマン記者が毎年恒例となっている“GMサーベイ”の結果を掲載した。

 この“GMサーベイ”は、全30チームのジェネラルマネージャー(GM)があらゆる質問に対して、自チーム以外のチームまたは選手に1票を投じるもので、人気を博している企画となっている。

 ここでは、チーム、コーチ編と称し、チームとコーチに関する結果をお届けしよう。
※チーム名は略称、パーセント(%)は投票率

<チーム編>

■今季のNBAファイナルを制するチームは?
1.ウォリアーズ:87%

2.セルティックス:7%
-.ロケッツ:7%
→昨季のトップはウォリアーズ(93%)

■今季最も飛躍を遂げるチームは?
1.レイカーズ:80%

2.マーベリックス:7%
-.サンズ:7%
→昨季のトップはウルブズ(69%)

レブロン(左から2番目)加入のレイカーズが、今季最も躍進を遂げるチームに選出[写真]=Getty Images

■最もディフェンシブなチームは?
1.ジャズ:45%

2.セルティックス:34%
3.ウォリアーズ:17%
4.サンダー:3%
→昨年のトップはウォリアーズ(55%)

■見ていて最も楽しいチームは?
1.ウォリアーズ:60%

2.セルティックス:17%
3.ロケッツ:7%
-.シクサーズ:7%
→昨季のトップはウォリアーズ(90%)

■最もホームコート・アドバンテージを持っているチームは?
1.ウォリアーズ:50%

2.ジャズ:27%
3.ナゲッツ:13&
→昨季のトップはウォリアーズ(76%)

■最も魅力的なヤングコアを持つチームは?
1.シクサーズ:47%

2.セルティックス:33%
3.ブルズ:7%
-.サンズ:7%

<コーチ編>

■NBAベストのヘッドコーチは?
1.ブラッド・スティーブンズ(セルティックス):47%

2.グレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ):30%
3.マイク・ダントーニ(ロケッツ):7%
-.スティーブ・カー(ウォリアーズ):7%
→昨季のトップはグレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ/82%)

スパーズのポポヴィッチHCを上回る得票数でトップに立ったスティーブンズHC[写真]=Getty Images

■マネージャー、モチベーターとして最も優れた指揮官は?
1.グレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ):47%

2.スティーブ・カー(ウォリアーズ):20%
3.ブラッド・スティーブンズ(セルティックス):17%
4.エリック・スポールストラ(ヒート):7%
→昨季のトップはグレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ/62%)

■試合中のアジャストに最も長けた指揮官は?
1.ブラッド・スティーブンズ(セルティックス):53%

2.グレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ):13%
3.リック・カーライル(マーベリックス):10%
-.クイン・スナイダー(ジャズ):10%
→昨季のトップはリック・カーライル(マーベリックス/34%)

■オフェンス面でベストな指揮官は?
1.スティーブ・カー(ウォリアーズ):40%

2.マイク・タントーニ(ロケッツ):23%
3.ブラッド・スティーブンズ(セルティックス):20%
→昨季のトップはスティーブ・カー(ウォリアーズ/59%)

■ディフェンス面でベストな指揮官は?
1.クイン・スナイダー(ジャズ):33%

2.ブラッド・スティーブンズ(セルティックス):30%
3.グレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ):13%
→昨季のトップはグレッグ・ポポヴィッチ(スパーズ/41%)

オールスター選手不在ながら、ジャズをリーグ上位のチームへと引き上げたスナイダーHC[写真]=Getty Images

■NBAベストなアシスタントコーチは?
1.ロン・アダムズ(ウォリアーズ):17%

2.エットーレ・メッシーナ(スパーズ):13%
3.ダン・バーク(ペイサーズ)ほか:7%
→昨季のロン・アダムズ(ウォリアーズ/21%)