2018.10.15

史上4チーム目の3連覇を狙うウォリアーズ/NBA2018-19開幕特集⑤注目チーム10選 Vol.1

自身4度目の優勝を目指すウォリアーズの中心人物カリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

世界最高のプロバスケットボールリーグ、NBAの2018-19シーズンが10月17日(現地時間16日)に幕を開ける。82試合という約半年におよぶレギュラーシーズンを前に、バスケットボールキングではカンファレンス プレビューや注目チーム、プレーヤーランキングなどをお届けしていく。

NBA2018-19シーズン開幕特集⑤注目チーム10選 Vol.1
史上4チーム目の3連覇を狙うゴールデンステート・ウォリアーズ

 ここからは、今季注目すべき10チームを順に紹介していきたい。まずは直近4シーズンで3度の優勝を飾り、今季は史上4チーム目となる3連覇を目指す王者ウォリアーズだ。では今オフの動向からチェックしていこう。
※データは現地時間10月14日現在、G=ガード、F=フォワード、C=センター、FA=フリーエージェント

■新加入
デマーカス・カズンズ(C)
ジョナス・ジェレブコ(F)
ジェイコブ・エバンス(G)
アルフォンゾ・マッキニー(F)
マーカス・デリクソン(F/2way)
デイミオン・リー(G/2way)

昨季まで4年連続でオールスターに選ばれているカズンズ加入は世界中に衝撃を与えた[写真]=Getty Images

■残留
ステフィン・カリー(G)
ケビン・デュラント(F)
ドレイモンド・グリーン(F)
クレイ・トンプソン(G)
アンドレ・イグダーラ(F-G)
ショーン・リビングストン(G)
ジョーダン・ベル(F)
ケボン・ルーニー(F)
クイン・クック(G)
デイミアン・ジョーンズ(C)

■退団
ザザ・パチューリア(C/デトロイト・ピストンズ)
ジャベール・マギー(C/ロサンゼルス・レイカーズ)
クリス・ブーシェー(F/トロント・ラプターズ)
デイビッド・ウェスト(F/引退)
パトリック・マコー(G/FA)
ニック・ヤング(F/FA)

■予想スターター
PG>ステフィン・カリー
SG>クレイ・トンプソン
SF>ケビン・デュラント
PF>ドレイモンド・グリーン
C>デマーカス・カズンズ

ウォリアーズが誇る史上空前のスターター(左からデュラント、グリーン、カリー、トンプソン、カズンズ)[写真]=Getty Images

プレーオフをベストな状態で迎えるため、主力の健康を重視したい

 今年1月下旬にアキレス腱断裂という大ケガを負ったカズンズは、現在もリハビリ中で、具体的な復帰時期も明かされていない。そのため、カズンズ復帰まではジョーンズやルーニー、ベル、新加入のジェレブコをセンターで起用していくことだろう。

 カリー、トンプソン、グリーン、シックスマンのイグダーラとリビングストンは過去4年連続でファイナルまで戦っているため、肉体的な疲労が蓄積している可能性が高い。そのため、レギュラーシーズンでは彼らをフル活用せず、ベンチ陣を有効に活用していくことが予想される。カズンズの復帰は年明け以降になる可能性もあるが、プレーオフに万全のコンディションで臨むことに尽力してほしいところだ。

 今季ウォリアーズがプレーオフを勝ち抜き、2000年から02年までにロサンゼルス・レイカーズが成し遂げて以来初となる3連覇を達成できれば、間違いなく歴史に名を刻むチームとなる。

現有戦力で戦えるのは今季限り!?

 スティーブ・カーHCは「今季が我々のチームにおけるラストダンスにはならないと思う」と口にしているが、来季以降も現有戦力で臨める保障はどこにもない。

 今季終了後にプレーヤーオプションを行使して制限なしFAになることができるデュラント、今季終了後に制限なしFAとなるトンプソンは来季以降もウォリアーズでプレーしているかはわからないからだ。特にデュラントは、今季限りで“新たな挑戦”のためにウォリアーズを退団するというウワサもある。1年契約のカズンズも、今季オールスターレベルのパフォーマンスを見せることができれば、高額契約で他チームへと移籍する可能性も十分ある。それに、来季終了後にはグリーン、イグダーラ、リビングストンというコアメンバーが制限なしFAとなる。

 となると、今季は近年NBAを支配してきたウォリアーズの集大成と言ってもいいシーズンとなる。

ウォリアーズを史上有数のチームへと引き上げたデュラント。今季は自身のラストダンスになるのか?[写真]=Getty Images

現役時代に3連覇を経験したカーHCの下、優勝候補筆頭として始動

 ウォリアーズの強みはやはり豪華な先発陣にほかならない。カリー、トンプソン、デュラント、グリーン、そしてカズンズは、健康であればそれぞれのポジションでベストかどうかの話題に挙がるほどの実力者。5選手とも将来バスケットボール殿堂入りしたとしても不思議ではない。

 そしてこのチームはNBAの中で、もしくは歴代で見ても最高級のシュート力とスペーシングを作り出すことができる。カリー、デュラント、トンプソンはいつでも30得点できるリーグ屈指のシュート力を持ち、グリーンという稀代のオールラウンダーも健在。ディフェンス面においても、重要な場面で相手チームをシャットアウトする“ロックダウン・ディフェンス”を遂行できることは、これまでのプレーオフで証明済みだ。

 カリー、トンプソン、グリーンは共にプレーして7シーズン目。イグダーラやリビングストンとも長くプレーしてきているため、チーム内でマンネリ化が起きてもおかしくはないのだが、現役時代にシカゴ・ブルズで3連覇(1996年から98年)を経験しているカーHCならば、チーム、そして選手たちのモチベーションを維持し、プレーオフで最大の集中力を発揮できるように導くことができるに違いない。

 ウエストにはヒューストン・ロケッツやユタ・ジャズ、オクラホマシティ・サンダーにロサンゼルス・レイカーズといったライバルがいるものの、既存戦力とこれまでの実績を考慮すると、やはり優勝候補筆頭はこのウォリアーズだろう。

NBA2018-19開幕特集のバックナンバー