2018.10.21

ホーネッツのエース、ケンバ・ウォーカーが絶好調! 3ポイントのNBA新記録を樹立!

開幕から絶好調のウォーカー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

チーム史上初の通算1万得点に到達、3年ぶりのプレーオフへ向けて好スタート

 シャーロット・ホーネッツのオールスターガード、ケンバ・ウォーカーが開幕から絶好調を維持している。

 10月18日(現地時間17日)のミルウォーキー・バックス戦で、開幕戦としてはフランチャイズ新記録となる41得点、20日(同19日)に行われたオーランド・マジック戦で26得点、そして21日(同20日)のマイアミ・ヒート戦では決勝点となるフリースローを含むゲームハイの39得点を奪取。

 今季でフランチャイズ創設から30シーズン目という節目を迎えたホーネッツは、初戦こそ敗れたものの、マジック戦から2連勝と好調。ウォーカーは3試合すべてにおいてゲームハイの得点をたたき出しており、申し分ないパフォーマンスを見せている。

 ウォーカーは3試合を終えて計106得点(平均35.3得点)、3ポイントは38投中19本成功、1試合平均6.3本を決めるという驚異的なペース。開幕3試合における3ポイント成功数で、2009-10シーズンにニューヨーク・ニックスのダニーロ・ガリナーリ(現ロサンゼルス・クリッパーズ)が記録していた18本を上回る、リーグ新記録樹立となった。

ウォーカーは開幕戦(対バックス)、そしてヒート戦でも7本の長距離砲を沈めた[写真]=Getty Images

 また、ヒート戦の第3クォーター途中にドライブを決めたウォーカーは、フランチャイズ史上初となる通算1万得点に到達。ウォーカーが好調を続ける背景には、今季から就任したジェームズ・ボレーゴHC、そしてチームメートたちの影響もあるようだ。

 「皆が僕に『ケンバ、シュートし続けるんだ』みたいに言ってくれるんだ。これが僕の好調の要因なのさ」と『AP』へ語っている。

 ウォーカー率いるホーネッツは、2シーズン連続で36勝46敗と負け越しており、プレーオフ出場を逃している。負けず嫌いのウォーカーにとって、プレーオフの舞台に立てないのは何よりも悔しかったはず。

 3年ぶりのプレーオフ返り咲きに向けて、ウォーカーとホーネッツは好スタートを切ったと言っていいだろう。

ウォーカー(左)率いるホーネッツは、ボレーゴHC(右)の下、白星街道をまい進したい[写真]=Getty Images