2018.11.05

バックスがキングスを寄せ付けずに快勝! アデトクンボは今季2度目のトリプルダブル

いずれもゲームハイとなる26得点15リバウンド11アシストを記録し、トリプルダブルをマークしたアデトクンボ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

計8選手が2ケタ得点を挙げる猛攻でバックスがキングスを一蹴

 11月5日(現地時間4日)、ミルウォーキー・バックスがホームのファイサーブ・フォーラムにサクラメント・キングスを迎えて一戦を行った。

 バックスは7勝1敗、キングスは6勝3敗と、好調なチーム同士のマッチアップではあったものの、この試合は序盤からバックスがキングスを圧倒していく。

ブレッドソーはアデトクンボに次ぐチーム2位の17得点を奪取[写真]=Getty Images

 第1クォーターで39-30、第2クォーターでは33-20とキングスからリードを奪ったバックスは後半の24分間でも72-59と点差を広げていき、最終スコア144-109とし、今季8勝目(8勝1敗)を飾った。

 バックスではヤニス・アデトクンボが約30分のプレータイムで26得点15リバウンド11アシストを奪い、今季2度目のトリプルダブルを達成。さらにエリック・ブレッドソーが17得点6リバウンド、アーサン・イリヤソバが15得点4リバウンド、マルコム・ブログドンとパット・カナトンがそれぞれ13得点を残すなど、計8選手が2ケタ得点。

 開幕9試合を終えて8勝1敗という好成績は、フランチャイズ史上ベストのスタートとなった。また、この試合でフランチャイズ新記録の3ポイント成功数(22本)も樹立。

 「このチームにとって、すばらしい勝利だ。僕がドライブしていくと、チームメートたちがワイドオープンになっていた。僕がパスして、彼らが決めてくれたんだ」とアデトクンボは試合後に『AP』へ語っていた。

 一方のキングスでは、ジャスティン・ジャクソンが22得点、バディ・ヒールドが19得点、ディアロン・フォックスが15得点6リバウンド6アシスト、マービン・バグリー三世とトロイ・ウィリアムズがそれぞれ11得点を挙げるも、バックス相手に35点差の完敗を喫した。