2018.11.13

3選手が25得点以上を挙げたペリカンズが3連勝、ラプターズは今季ホームで初黒星

デイビスは25得点20リバウンドを奪う活躍を見せた[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

モア、ホリデー、デイビスが25得点以上を挙げたペリカンズ

 11月13日(現地時間12日)、リーグトップの12勝1敗を記録中のトロント・ラプターズが、ホームのスコシアバンク・アリーナでニューオーリンズ・ペリカンズとの一戦に臨んだ。

 右足首のねんざにより、2試合連続でニコラ・ミロティッチ(平均20.6得点11.7リバウンド)を欠いたペリカンズは、ジュリアス・ランドルを先発に抜てき。

 試合は序盤からペリカンズが優位に進めていった。ADことアンソニー・デイビスがアリウープをダンクでたたき込み、イートワン・モアやウェズリー・ジョンソン、ドリュー・ホリデーが加点し、第1クォーター中盤に6点をリード。

 するとラプターズもカワイ・レナードサージ・イバカパスカル・シアカムのショットで同点に追いつく。その後、両チームは点の取り合いを演じ、ペリカンズ2点リードの31-29で最初の12分間を終える。

 第2クォーター。ラプターズはヨナス・バランチュナスのフリースロー2本で同点とすると、OG・アヌノビーの3ポイントで逆転。だがペリカンズはランドルのショットとダリアス・ミラーの長距離砲、ランドルのジャンパーで再びリードしていく。

 そこからラプターズは一度、同点に追いついたものの、ペリカンズは攻撃の手を緩めず逆転を許さない。前半を終えてペリカンズが66-61とラプターズに5点差をつけた。

 第3クォーターに入ると、ラプターズが同点に追い上げる中、デイビスの3ポイントでペリカンズが再び引き離し、そのままリードを広げる。ラプターズから最大13点のリードを奪うなど主導権を握る。

 最終クォーター序盤。ラプターズはベンチ陣の活躍で7-0のランで6点差としたものの、ペリカンズは8連続得点とお返しし、一気に2ケタへとリードを広げる。そこからラプターズは9点差まで追い上げるのがやっとで、最終スコア126-110でペリカンズが制し、3連勝。今季成績を7勝6敗とした。

29得点14アシストにターンオーバーわずか1本と、貴重な働きを見せたホリデー[写真]=Getty Images

ADはモアを称賛、指揮官はホリデーの働きを絶賛

 勝利したペリカンズでは、モアがゲームハイの30得点、ホリデーが29得点14アシスト、デイビスが25得点20リバウンド6アシスト2ブロック、ランドルが17得点12リバウンド4アシストを記録。

 シーズンハイの30得点を挙げたモアは試合後、『AP』へ「1本目を決めた時、今日は絶好調だと思った」とジョーク交じりにコメントしたが、デイビスは「彼の活躍なしに、この試合の勝利はなかった。今夜の僕らにとって、彼の存在は大きなものだった」と評した。

 ペリカンズのアルビン・ジェントリーHCはホリデーを絶賛。「ドリューはフロアーの司令塔としてすばらしかった。それにディフェンス面でも申し分ない活躍を見せてくれた。カワイ(・レナード)のショットを20投中わずか7本のみの成功に抑え込んだのだから、彼は際立った働きをしたということ」と語っている。

 ラプターズではシアカムが22得点3ブロック、レナードが20得点6リバウンド、イバカが19得点14リバウンド、アヌノビーが17得点3スティール、フレッド・バンブリートとデロン・ライトがそれぞれ10得点、カイル・ラウリーが11アシスト。

 ラウリーは「僕らは今夜、彼らのやりたいようにプレーさせてしまった。僕らは自分たちのバスケットボールをプレーできなかったんだ」と敗因を述べた。

ペリカンズのディフェンスに苦しめられたレナード(右)[写真]=Getty Images

アンソニー・デイビスの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO