2019.02.09

オールスター出場選手紹介⑪/ラマーカス・オルドリッジ(スパーズ)

オルドリッジは2年連続7度目のオールスター選出となった[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

2月18日(現地時間17日)に迫った「NBAオールスターゲーム2019」。今年もイースタン・カンファレンスとウエスタン・カンファレンスによるゲームではなく、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がキャプテンを務める「TEAMヤニス」と、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)がキャプテンを務める「TEAMレブロン」というオリジナルチームの対決という形で行われる。そこでバスケットボールキングでは、今年のオールスター出場選手を紹介していく。

■オールスター出場選手⑪ TEAMレブロン
ラマーカス・オルドリッジ(サンアントニオ・スパーズ)

センター/211センチ/117キロ/キャリア13年目
Twitterアカウント:@aldridge_12
Instagramアカウント:@aldridge_121

<NBAにおける主な記録・功績>
オールNBAセカンドチーム選出:2回(2015,18)
オールNBAサードチーム選出:3回(2011,14,16)
オールスター選出:7回(2012~16,18,19)

<2018-19シーズン 個人成績>
平均32.7分21.1得点8.9リバウンド2.5アシスト1.2ブロック
※2月8日(現地時間7日)終了時点

名将ポポヴィッチHCからも絶賛されるスパーズの大黒柱

 昨季終了後、スパーズはカワイ・レナード(現トロント・ラプターズ)とトニー・パーカー(現シャーロット・ホーネッツ)が移籍、さらにはマヌ・ジノビリ(元スパーズ)が現役を引退と、長年チームを支えてきた選手たちが退団。

 今季は大黒柱オルドリッジ、ラプターズから加わったデマー・デローザンを中心とするチームへと切り替えた。特にオルドリッジはチーム最古参のパティ・ミルズと共に、リーダーとしてもスパーズをけん引している。

 名将グレッグ・ポポヴィッチHCもオルドリッジには絶大な信頼を寄せており、「彼はシーズンをとおしてビーストモードに入っている。彼はこのチームにおいて、(オフェンスとディフェンスの)両エンドでアンカーを務めてくれているんだ。昨季も今季もね。本当に申し分ない活躍を見せている」とその働きぶりを絶賛。

サンダー戦でキャリアハイの56得点を奪った⑫オルドリッジ[写真]=Getty Images

 そんなオルドリッジにとって、ここまでのベストゲームは1月11日(同10日)のオクラホマシティ・サンダー戦だろう。2度の延長にまでもつれた熱戦で、オルドリッジは後半だけで29得点。2度の延長で13得点の活躍を見せ、キャリアハイの56得点を奪取。

 「キャリアの中で、いつかこういうことが起こるんだと感じていた」とコメントしたオルドリッジはこの日、フィールドゴール33投中20本、フリースロー16本すべてを決め切る大暴れを見せた。

 8日(同7日)終了時点で、スパーズは大混戦のウエストで7位(32勝25敗)という好位置をキープ。22年連続のプレーオフ出場を目指し、オルドリッジは攻防両面において見事な活躍を続けている。

 今年のオールスターゲームのリザーブ選手が発表された2月1日(同1月31日)、オルドリッジは自身がオールスターに選ばれるかどうかという瞬間をテレビで見ることはなかった。「僕が気にかけているのは勝利すること、そしてチームを引っ張っていくことだから」と地元メディア『San Antonio Express-News』へコメント。

 実は、オルドリッジは「間違いないよ。彼(デローザン)はシーズンを通してすばらしい活躍をしている」と語り、チームメートのデローザンのオールスター入りを熱望していた。この言葉からもオルドリッジのリーダーとして、チームプレーヤーとしての一面がうかがえる。

オルドリッジはディフェンス面でもポポヴィッチHCからの評価が高い[写真]=Getty Images

 だが、各チームのヘッドコーチたちは、デローザンよりもオルドリッジを高く評価していた。オールスターのリザーブに選出された日に行われたブルックリン・ネッツ戦では、そのオルドリッジが試合終盤に貴重な3ポイントプレーを決めてスパーズを勝利へと導いた。ポポヴィッチHCは今季のオルドリッジについてこう評していた。

 「苦しい時間帯で、このチームの選手たちが困惑している中、彼はシーズンを通してビーストモードなんだ。すばらしいシーズンを送っているよ。オールスター選出は最高の報いなんじゃないかな。彼は選ばれるべき選手だと思う」。

 決して派手な選手ではないものの、オルドリッジはリーグ有数の選手であることは間違いない。過去8年のオールスターで7回目の選出を決めたのは、オルドリッジ以外ではレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)とケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)を含めて4人しかいない。

 オルドリッジにはオールスターブレイクでリフレッシュしてもらい、激しいプレーオフ出場争いに向けて、エナジーを蓄えてほしいところだ。

<オールスターモーメント>
プレータイムは短くとも、2年ぶりとなった球宴の舞台を満喫

 過去6度の出場のうち、オルドリッジが最もオールスターゲームで輝いたのは2015年。スターターとして約18分プレーし、4本すべての3ポイント成功を含むフィールドゴール11投中7本を沈めて18得点をたたき出した。

 もっとも、それ以外の年はプレータイムも成績も控えめ。昨年は約4分の出場で1本のショットを放っただけの無得点。レギュラーシーズン終盤戦に向けて、体力を温存しておきたかったのかもしれない。

 とはいえ、2012年から16年まで5年連続で選出されてきたオルドリッジにとって、17年に落選したことは「なんだか変な感じだった」と昨年のオールスターで明かしており、オールスターに選ばれることはとてもうれしいようだ。

 今年も長時間プレーすることはないだろうが、「(オールスターゲームの)会場にいること、周りにリーグ有数の選手たちがいるというのはやっぱいいこと」(オルドリッジ)と昨年コメントしていたことからも分かるように、今年もオールスターウイークエンドを楽しむことだろう。

昨年のオールスターで現地メディアからの質問に対応していたオルドリッジ[写真]=Getty Images

NBAオールスター2019のバックナンバー