2019.02.10

オールスター出場選手紹介⑭/ディアンジェロ・ラッセル(ネッツ)

4年目の今季、ラッセルは自己最高の平均19.8得点6.5アシストを記録している[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

2月18日(現地時間17日)に迫った「NBAオールスターゲーム2019」。今年もイースタン・カンファレンスとウエスタン・カンファレンスによるゲームではなく、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がキャプテンを務める「TEAMヤニス」と、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)がキャプテンを務める「TEAMレブロン」というオリジナルチームの対決という形で行われる。そこでバスケットボールキングでは、今年のオールスター出場選手を紹介していく。

■オールスター出場選手⑭ TEAMヤニス
ディアンジェロ・ラッセル(ブルックリン・ネッツ)

ガード/196センチ/89キロ/キャリア4年目
Twitterアカウント:@Dloading
Instagramアカウント:@dloading

<NBAにおける主な記録・功績>
オールスター選出:1回(2019)

<2018-19シーズン 個人成績>
平均29.8分19.8得点3.7リバウンド6.5アシスト1.1スティール
※2月9日(現地時間8日)終了時点

ネッツ躍進のけん引役として成長を続ける22歳の有望株

 2015年ドラフト1巡目2位でレイカーズに指名されたラッセルは、レイカーズで2シーズンをプレーした16-17シーズン終了後、ネッツへとトレードされた。

 レイカーズのバスケットボール運営部門代表を務めるアービン“マジック”ジョンソン(元レイカーズ)は「ディアンジェロはすばらしい選手。オールスターになることができる能力がある。彼がこのチームでやってきたことに対して、我々は感謝している」と『ESPN』へコメント。

 しかし、「私は(このチームに)リーダーが必要だった。ほかの選手たちを向上させることができ、一緒にプレーしたいと思えるような選手がね」と語り、ラッセルを放出した要因を明かした。

 ネッツ加入後初となった昨季、ラッセルは平均15.5得点5.2アシストとまずまずの成績を残したものの、ケガで34試合に欠場したこともあり、スペンサー・ディンウィディーに出番を奪われた感もあった。

 それでも、今季はキャリス・ルバートやディンウィディーらと共にラッセルが躍動。昨年11月中旬にルバートが戦線離脱(現地時間2月8日に復帰)すると、ラッセルは徐々に調子を上げていく。特に1月は絶好調で、平均23.8得点7.3アシスト、フィールドゴール成功率47.9パーセント、3ポイント成功率41.3パーセント(平均3.5本成功)と見事な成績を残し、チームも11勝4敗でイーストのプレーオフ出場圏内へと躍進。

マジック戦で沈めたクラッチショット。今季のラッセルを象徴するかのような見事な一発だった[写真]=Getty Images

 1月19日(同18日)のオーランド・マジック戦では、8本の3ポイント成功を含むキャリアハイタイの40得点に7アシストと大活躍。残り27.0秒には決勝弾となる3ポイントをねじ込み、勝利の立て役者に。

 「このチームは同じゴールを共有する最高のグループになった。僕らは互いの成功を全員で祝福するチームなんだ。(プレーしていて)すばらしいと感じているよ」とチーム状態についてラッセルは言う。

 ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ)のケガによる代替選出になったとはいえ、キャリア4年目の22歳、ラッセルはオールスターの仲間入りを果たした。ラッセルはこの知らせを聞いた時のことを、チームのウェブサイトにこう振り返っていた。

 「僕は飛行機の中にいた。僕らはサンアントニオから移動中だったんだ。そこで僕はコーチ(ケニー・アトキンソンHC)からそのニュースを聞いて、祝福してくれた。飛行機の中で、ただただ畏敬の念に打たれてたよ。実は、僕はよく泣く人間でね。涙も流していたよ」。

 アトキンソンHCも、ラッセルのオールスター選出はうれしかったようだ。

 「あれには鳥肌が立った。私は感情的なコーチであり、感情的な人間なんだ。(ラッセルのオールスター選出に)泣くことはなかったが、感情的にさせたね。彼はオフシーズンをとおしてここでハードなトレーニングをしてきた。本当に一生懸命やってきたんだ。彼がこの報いを得ることができたのは、ハードワークが生んだ最高の証さ」と絶賛している。

クラッチショットを決めた後に見せる“ICE IN MY VEINS(俺は超冷血なのさ)”のジェスチャーもラッセルの特徴の1つ[写真]=Getty Images

 自慢のドライブからフローターをはじめとする絶妙な近距離ショットを繰り出し、左腕から放たれる高精度な3ポイントなども織り交ぜて平均20得点近くを稼ぎ出すラッセルは、15年以来初のプレーオフ出場を目指すネッツの象徴と言っても過言ではない。

 そのネッツは9日(同8日)終了時点でイースト6位の29勝28敗。今季は自身初となるプレーオフ出場も現実味を帯びてきている。チームを勝利へと導くことができる選手へとなりつつある今季のラッセルは、オールスター選出に十分値するパフォーマンスを見せている。

<オールスターモーメント>
1年目のライジングスターズで22得点7アシストをマーク

 アメリカ出身選手で構成される「TEAM USA」として、2016、17年と2年連続でライジングスターズに出場したラッセル。16年はベンチスタートながら4本の3ポイントを放り込むなど22得点に7アシスト2スティール、17年はスターターで出場して12得点3リバウンド4アシスト2スティールをマークした。

 今年のラッセルは、オールスター本戦でアデトクンボ率いる「TEAMヤニス」の一員としてプレーすることとなる。スーパースターたちによる競演でどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみでならない。

ライジングスターズ出場から2年。ラッセルはリーグの精鋭たちが集結するオールスター本戦の舞台へと上りつめた[写真]=Getty Images

NBAオールスター2019のバックナンバー