2019.02.12

直近4試合で3勝をもたらした新人ドンチッチ、球宴前に史上最年少で1,100得点超えを達成

ルーキーとして数々の記録を樹立するドンチッチ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

ブレイザーズ戦で第4Qに14点差を覆す立て役者となったドンチッチ

 2月11日(現地時間10日)、ダラス・マーベリックスはポートランド・トレイルブレイザーズと対戦し、102-101で辛勝。直近4試合で3勝目を挙げた。

 マブスは2月1日(同1月31日)から2つのトレードを断行し、デニス・スミスJr.ディアンドレ・ジョーダン(現ニューヨーク・ニックス)、ウェスリー・マシューズ(現インディアナ・ペイサーズ)、ハリソン・バーンズ(現サクラメント・キングス)を放出。

 ニックスからクリスタプス・ポルジンギスを筆頭にティム・ハーダウェイJr.とコートニー・リー、トレイ・バーク、キングスからジャスティン・ジャクソンとザック・ランドルフ(トレード後に解雇)を獲得し、ロースターにメスを入れた。

マブス加入から3試合目となったブレイザーズ戦で24得点を挙げたハーダウェイJr.(右)[写真]=Getty Images

 ウエスタン・カンファレンス4位のブレイザーズとのゲームは、第3クォーターだけでオールスターガードのデイミアン・リラードが21得点(計30得点)を挙げる活躍を見せ、78-92の14点ビハインドで最終クォーターを迎えるという劣勢に。

 しかし、19歳のルーキーながらマブスのトップスコアラーとして君臨する新人ルカ・ドンチッチが躍動。最後の12分間で13得点を奪ったドンチッチの活躍もあり、第4クォーターでマブスが24-9とブレイザーズを圧倒。見事にゲームをひっくり返して逆転勝利を収めた。

 マブスではドンチッチが28得点9リバウンド6アシスト、ハーダウェイJr.が24得点、ドワイト・パウエルが13得点8リバウンド、ドリアン・フィニー・スミスが11得点6リバウンドをマーク。

ドンチッチはブレイザーズ戦でも大暴れ[写真]=Getty Images

 リック・カーライルHC(マブス)はチームのウェブサイトへ「たぶんこの試合の第4クォーターは、今季ベストのプレーだったと思う。ブレイザーズはガード陣(リラードとCJ・マッカラム)のプレーメイクでゲームを締めるのがうまいチーム。彼らとの対決で24-9としたんだ。ディフェンス面においてもすばらしい頑張りを見せたと思う」と語り、選手たちを絶賛していた。

 この試合を終えて、マブスのけん引役ドンチッチは通算1,101得点に到達。『Elias Sports』によると、オールスターブレイクを前に、19歳以下の選手が1,100得点を達成したのは史上初だという。

 ドンチッチはここまで欠場はわずか2試合で、平均32.1分20.8得点7.0リバウンド5.5アシスト1.1スティールと、ルーキーとして申し分ない活躍を見せている。

 マブスは11日(同10日)終了時点でウエスト11位の26勝29敗。プレーオフ出場圏内のロサンゼルス・クリッパーズ(8位/31勝26敗)とは4.0ゲーム開いているものの、どこまで食らい付くことができるのか注目していきたい。