2019.04.13

ロケッツで2度目の大舞台に臨むポール「僕ら全員がチャンピオンシップを欲している」

ロケッツの一員として2度目のプレーオフを迎えるポール[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

優勝を目指して戦うベテラン軍団ロケッツ、昨年のリベンジに燃えるジャズ

 ヒューストン・ロケッツ加入1シーズン目となった昨季。クリス・ポールは自身初のカンファレンス・ファイナルまで勝ち上がり、自身の活躍もあってゴールデンステイト・ウォリアーズ相手に3勝2敗と王手をかけた。

 ところが、勝利した第5戦終盤にハムストリングを痛めてしまい、無念のシリーズ離脱。ロケッツはジェームズ・ハーデンを中心に第6、7戦を戦い抜いたが、いずれも後半に失速してしまい、第7戦の末に敗退。

 迎えた今季。ロケッツは序盤こそもたついたものの、昨年12月中旬以降から盛り返し、ウエスタン・カンファレンス4位の53勝29敗でレギュラーシーズンをフィニッシュ。ウエスト5位のユタ・ジャズ(50勝32敗)とのファーストラウンドが4月15日(現地時間14日)から幕を開ける。

 ロケッツは経験豊富なベテランチームだ。ネネの16年を筆頭に、ポールが13年、ジェラルド・グリーンが11年、エリック・ゴードンが10年のNBAキャリアを誇る。また、エースのハーデンも9年、PJ・タッカーとケネス・ファリード、イマン・シャンパートは7年、オースティン・リバースも6年のキャリアを持ち、意気揚々とプレーオフを迎える。

リーグベストのスコアラー、ハーデンを中心にロケッツは第4シードでプレーオフへ臨む[写真]=Getty Images

 13日(同12日)に地元メディア『The Houston Chronicle』へ掲載された記事の中で、ポールは「僕らは全員、チャンピオンシップを欲しているんだ」と言及。そしてこう続けた。

「僕はチャンピオンシップを勝ち取ることが必要だ。タック(タッカーの愛称)もそう。それが昨年のケースだった。僕らは今も競い合っている。僕らは何を犠牲にしようとも勝ちたいんだ」。

 ロケッツはジャズとのファーストラウンドを突破することができれば、カンファレンス・セミファイナルでウォリアーズとのリベンジに挑むことができる可能性がある。

 とはいえ、ジャズを侮ってはならない。今季ロケッツとの戦績は2勝2敗で、リーグ指折りのディフェンス力を持っているからだ。エースのドノバン・ミッチェルは、13日(同12日)に複数の現地メディアを前にNBAチャンピオンを勝ち取ることについてこのように語っていた。

「何で僕らにはできないの? どうして僕らがチームとしてそこまでたどり着くことができないと思うの? このチームにはファイナルまでたどり着くことができるメンタリティーがあると僕は思ってる」。

ジャズをけん引するゴベア(左)とミッチェル(右)。虎視眈々とウエスト制覇を狙っている[写真]=Getty Images

 ジャズとしては、昨年のカンファレンス・セミファイナルでロケッツに1勝4敗で敗れているため、ファーストラウンドでリベンジすることに燃えているに違いない。

 昨年はリッキー・ルビオをケガで欠いたことから、ミッチェルはスコアラー兼プレーメイカーとしての役割もこなしていた。だが今年のシリーズではミッチェルがスコアリングに集中でき、オフェンス面でも成長を遂げたルディ・ゴベアもいることから、決して一筋縄ではいかないだろう。

 はたして、ロケッツとジャズのどちらが主導権を握るのか。初戦から大激戦になる可能性も十分なシリーズに注目だ。