2019.04.22

ショット不調の中でジャズを下したロケッツ「俺たちに自信を与えてくれる」とハーデン

ジャズとの接戦を制してスウィープ突破に王手をかけたロケッツのハーデン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

絶不調の中で22得点を挙げて勝利を演出したハーデン「俺の仕事は変わらない」

 4月21日(現地時間20日)に行われたヒューストン・ロケッツ(2勝)とユタ・ジャズ(2敗)によるファーストラウンド第3戦。

 ホームのビビント・スマート・ホーム・アリーナに会場を移したこの試合、ジャズのエース、ドノバン・ミッチェルが前半だけで21得点をたたき出す一方、ロケッツの大黒柱ジェームズ・ハーデンは最初に放った15本のショットをすべてミスするという珍しい展開となり、前半を終えてジャズが55-50と5点をリード。

 後半に入ってもジャズがリードする中、ロケッツは徐々に点差を縮め、第3クォーター残り5分5秒にPJ・タッカーの長距離砲で65-65の同点に追いつく。その後ハーデンのフリースローで逆転に成功するも、ジャズがすぐさまリードを奪い返し、シーソーゲームの展開のままジャズ2点リードで最終クォーターへ。

 するとロケッツは、ハーデンがクリント・カペラのダンク、ジェラルド・グリーンの2本連続3ポイントを演出して残り9分28秒でリードを奪うと、一度も逆転されることなく104-101でジャズに競り勝った。

 ジャズに追い上げられる中、ハーデンは第4クォーターに14得点を記録したものの、この試合全体ではフィールドゴール20投中成功わずか3本(うち3ポイントは13投中2本)のみ。フリースロー16投中14本を決めて22得点を挙げたものの、ショットに関しては絶不調。だが4リバウンド10アシスト6スティールを記録して勝利に貢献。

「シュートを打ち続けること。アグレッシブな状態をキープすること」と切り出したハーデン。「(ショット成功数が)15の0であろうと、15の14であろうと、俺の仕事はコートに出てアタックモードでアグレッシブにプレーすること。何も変わることはない」と『ESPN』へ語り、自らのスタイルを貫いた。

この試合で7ブロックを挙げたゴベアの前にショットをミスする場面もあったが、ハーデンは最後まで攻め続けた[写真]=Getty Images

 だがこの日のロケッツはハーデンだけでなく、チーム全体でフィールドゴール成功率38.4パーセント、3ポイント成功率33.3パーセントに加え、フリースロー成功率も67.6パーセントとリングに嫌われ続けた。「俺たちはショットを決めることができなかった。それでも勝利することができた。これは俺たちに自信を与えてくれる」とハーデンが口にしたように、ロケッツはチーム全体で勝ち取ったことで、ますます自信を増すことだろう。

 ロケッツはハーデンのほか、クリス・ポールが18得点4アシスト3スティール、タッカーが12得点10リバウンド、エリック・ゴードンが12得点5リバウンド、カペラが11得点14リバウンド2ブロック、オースティン・リバースが11得点、グリーンが9得点を奪取。

 ポールはタッカーをはじめ、リバースやグリーンといったベンチ陣の活躍を絶賛。両チーム合計47回のファウルをコールされ、計72本のフリースロー試投数を記録した苦しいゲームを制したロケッツ。

「コート上にはいろんな感情と数多くの肉体的な衝動があった。これぞプレーオフバスケットボールというものさ」とハーデンが表現したように、第3戦は両チームによる意地のぶつかり合いとなった。

 シリーズ3連勝でファーストラウンド突破に王手をかけたロケッツは、23日(同22日)に行われる第4戦でスウィープ決着を狙っている。

プレーオフに入ってからケミストリーも上々のロケッツ。ジャズ相手に4連勝できるか?[写真]=Getty Images