2019.04.27

デュラントがPO自己最高の50得点! 王者がクリッパーズを下してロケッツとの再戦へ

前半だけで38得点を荒稼ぎし、ゲームを支配したデュラント[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

デュラントが前半だけで歴代2位タイの38得点、グリーンがトリプルダブル

 4月27日(現地時間26日)、3連覇を狙う王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ(3勝2敗)が、ロサンゼルス・クリッパーズ(2勝3敗)のホーム、ステープルズ・センターへ乗り込み、ファーストラウンド第6戦を戦った。

 第5戦の終盤にルー・ウィリアムズの爆発で逆転負けを喫したウォリアーズは、先発陣にメスを入れた。センターのアンドリュー・ボーガットに代えて、201センチの長身ポイントガード、ショーン・リビングストンを先発に昇格。ステフィン・カリークレイ・トンプソン、KDことケビン・デュラントドレイモンド・グリーンという不動の4選手にリビングストンを加えて臨んだ。

 序盤はダニーロ・ガリナーリと新人シェイ・ギルジアス・アレクサンダーの活躍もあり、ホームのクリッパーズが18-8と10点をリード。だがウォリアーズはそこから徐々にエンジンがかかり、デュラントとカリーを中心に追い上げる。

チームトップの29得点をマークしたガリナーリ[写真]=Getty Images

 第1クォーター残り3分55秒にカリーの長距離砲でリードを奪うと、ウォリアーズはデュラントやグリーン、アンドレ・イグダーラが加点し、そのままリードして最初の12分間を終えると、第2クォーターで37-22とさらに点差を広げ、72-53と19点をリードして試合を折り返す。

 前半で最も輝いていたのはデュラント。第5戦でプレーオフ自己最高の45得点を挙げていたデュラントは、この日前半だけで4本の3ポイント成功を含むフィールドゴール17投中12本、フリースロー10本すべてを決めて38得点を奪取。プレーオフにおけるハーフの得点としてはNBA史上2位タイという驚異的なパフォーマンスで大量リードをもたらした。

 クリッパーズは第3クォーター残り5分3秒にランドリー・シャメットのショットで11点差まで追い上げるも、ウォリアーズはトンプソンの3ポイントプレーを皮切りに、さらにリードを広げて圧倒。

 その後もウォリアーズは加点していき、最終スコア129-110でクリッパーズを下し、4勝2敗でファーストラウンドを突破。カンファレンス・セミファイナルへと駒を進めた。

驚異的なスコアリングショーを演じたKD、王者相手に大健闘したクリッパーズ

 ウォリアーズではデュラントがプレーオフ自己ベストを更新するゲームハイの50得点に6リバウンド5アシスト、カリーが24得点6リバウンド6アシスト、グリーンがプレーオフ5度目のトリプルダブル(16得点14リバウンド10アシスト)に4ブロック、イグダーラが15得点4リバウンド4アシスト3スティール、トンプソンが9得点7リバウンド3ブロック。

 2試合連続で45得点オーバーとなったデュラントは「50得点したけど、いい感触で放ったショットを何本かミスしてしまった。あと何本かは決めることができたかもしれない」と振り返ったものの、前半だけでたたき出した38得点については「これまでの人生で見てきた中で、すばらしいパフォーマンスの1つだった。彼は我々にとって究極の武器なんだ。なにしろケビンにはディフェンスが無意味になってしまうくらいだからね」とスティーブ・カーHCは文句なしの高評価を与えた。

デュラントは6本の3ポイントを含む15本のショット、15投中14本のフリースローを放り込んだ[写真]=Getty Images

 敗れたクリッパーズでは、ガリナーリが29得点5リバウンド2スティール、ギルジアス・アレクサンダーが22得点5リバウンド6アシスト、パトリック・ベバリーが11得点14リバウンド7アシスト2ブロック、シャメットが10得点、モントレズ・ハレルが10得点6リバウンド。

 だがこの日はここまで平均24.4得点を挙げていたウィリアムズがウォリアーズの徹底マークに遭って不発。「このシリーズで、僕はアウェーでは好調なんだけど、ホームでは不振なんだ。でも今夜は大事な試合だったから、なおさらタフだった」とウィリアムズが振り返ったように、フィールドゴール21投中18本がリングに嫌われてしまい、計8得点7アシストに抑え込まれた。

 とはいえ、「俺たちは2連覇中の王者を相手に第6戦まで戦ったんだ。(負けたとはいえ)顔を上げるべきだ」とベバリーが語ったように、クリッパーズはウォリアーズ相手に大健闘したと言うべきだろう。

 カンファレンス・セミファイナルでウォリアーズを待ち受けるのは、昨年のウエスト決勝で第7戦の末に敗れたヒューストン・ロケッツ。事実上のファイナルになる可能性を秘める注目のシリーズは、29日(同28日)にウォリアーズのホーム、オラクル・アリーナで幕を開けることとなる。

ウィリアムズ(右から2番目)に対して、ウォリアーズは3人がかりで徹底マークした[写真]=Getty Images