2019.05.16

ステフィン・カリーが6月下旬にアンダーアーマーのアジアツアーで2年連続の来日へ

NBAで1、2の人気を誇るカリーが今年も来日へ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

今年のアジアツアーにはエンビードやDSJ、バンバが中国でカリーと合流

 日本時間5月16日未明。『Under Armour』(以降アンダーアーマー)は、今年6月下旬から『2019 Under Armour Basketball Asia Tour』と題したツアーを行うことを発表した。

 5年連続となるこのツアーには、アンダーアーマーのトップエンドーサーであるステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が2年連続3度目の来日を果たすほか、中国には同ブランドと契約を結ぶジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、DSJことデニス・スミスJr.(ニューヨーク・ニックス)、モー・バンバ(オーランド・マジック)も初参加することになるという。

 カリーは昨年9月、同ツアーで2015年以来2度目の来日。「2018 ステフィン・カリー アジアツアー powered by アンダーアーマー」の一環で9月10日に日本へ到着すると、翌11日には六本木ヒルズ(東京都港区)で行われた「SC30 WIRED DIFFERENT TOKYO」に登場し、イベント内では自慢のディープスリーや鮮やかなアシストを繰り出し、会場に集まったファンだけでなく、SNSを通じて日本のファンを虜にした。

 カリーはリリースを通じて「5年連続でアンダーアーマーと共にアジアを訪れることが待ちきれません。アンダーアーマーと契約を結ぶ3選手と共に、アンダーアーマーだからこそできる方法で、バスケットボールというゲームの成長を促進できることは、私にとって本当にワクワクするものです」とコメント。

現在は3連覇をかけてウエスト決勝を戦うカリー。ウォリアーズは初戦を制して第2戦を迎えることとなる[写真]=Getty Images

 現時点におけるツアーの内容は以下のとおり。詳細が明らかになり次第、あらためてお伝えしていきたい。
※日本(東京)で行われるツアー参加者はカリーのみ

■『2019 Under Armour Basketball Asia Tour』
日本(東京):6月22~23日
中国(深圳):6月24~25日
中国(北京):6月26~27日
中国(上海):6月28~29日