2019.06.21

八村塁、日本人初の1巡目! ウィザーズが全体9位で指名

日本人がドラフトで指名されるのは岡山恭崇氏以来38年ぶり2人目 [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月21日(現地時間20日)にNBAドラフト2019が行われ、ゴンザガ大学に所属する日本代表の八村塁がワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。

 1巡目での指名は日本人史上初の快挙。ドラフトで日本人選手が指名されるのは、1981年にゴールデンステート・ウォリアーズから8巡目171位で指名を受けた岡山恭崇氏以来38年ぶり2人目となる。

 八村は富山県出身の21歳で、ベナン人の父、日本人の母を持つ。奥田中学校から明成高校に進学し、2013年から3年連続でウインターカップを制覇。高校卒業後にアメリカへ渡った。

 ゴンザガ大では1年次こそ1試合平均4.6分と出番が限られたものの、同20.7分と出場時間を伸ばした2年次には同11.6得点4.7リバウンドをマーク。3年次はエースとして活躍し、同30.2分に同19.7得点6.5リバウンド1.5アシストを挙げた。NCAAの年間最優秀スモールフォワードに与えられる「ジュリアス・アービング賞」を受賞したほか、現地メディア『Sporting News』、USBWA(アメリカバスケットボールライター協会)、NABC(アメリカバスケットボールコーチ協会)の3部門でファーストチーム入り。バスケットボールの本場で飛躍を遂げ、4月16日(同15日)にNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明していた。

 また、日本代表の「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」出場にも大きく貢献。4試合の出場で平均21.5得点6リバウンド1.3アシスト1.8スティール1ブロックを叩きだした。

NBAを舞台に渡邊雄太(右)との日本人対決が見られるかもしれない [写真]=Getty Images