2019.07.01

ウォリアーズがKDとのトレードでディアンジェロ・ラッセルらを獲得もイグダーラを放出

トンプソンとカリー(左写真)にラッセル(右)を加えたウォリアーズ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月1日(現地時間6月30日)、フリーエージェント(FA)選手との交渉解禁となったこの日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが驚きの補強を断行した。

 ケビン・デュラントがブルックリン・ネッツと契約合意と報道される中、サイン&トレードを成立させることに成功し、昨季オールスター(代替)に初選出された制限付きFAのディアンジェロ・ラッセルを獲得。

 ウォリアーズとネッツの2チーム間で成立したトレードの詳細は以下のとおり。
※チーム名は略称、G=ガード、F=フォワード、C=センター

■ウォリアーズ ⇔ ネッツのサイン&トレード
<ウォリアーズ獲得>
ディアンジェロ・ラッセル(G) 4年1億1,700万ドル(約126億3,600万円)
シャバズ・ネイピアー(G)
トレボーン・グラハム(G)

<ネッツ獲得>
ケビン・デュラント(F) 4年1億6,400万ドル(約177億1,200万円)

今季のウォリアーズはカリー、グリーン、ラッセル中心の布陣で戦うことに

 ウォリアーズは制限なしFAとなっていたクレイ・トンプソンと5年1億9,000万ドル(205億2,000万円)で再契約を結び、ステフィン・カリーとの“スプラッシュ・ブラザーズ”を継続すると、デュラントの代役としてラッセルを加えてバックコートを強化。

 左膝前十字じん帯を断裂しているトンプソンは現在リハビリ中。復帰は早くても今季終盤となるため、ウォリアーズはカリー、ラッセルをバックコートで起用し、ドレイモンド・グリーンと共に戦うことが予想されている。

 だがその一方で、ウォリアーズはサラリー超過となったため、将来のドラフト指名権(複数/条件付き)とのトレードでメンフィス・グリズリーズへアンドレ・イグダーラを放出。5年連続のファイナル進出に貢献したイグダーラ、2年連続のファイナルMVPを獲得したデュラントが移籍したことで、新たなチームを構築することとなった。

ウォリアーズはデュラント(右)とイグダーラ(左)という主要選手を失った[写真]=Getty Images