2019.07.12

八村塁、初の3P含む圧巻の25得点! サマーリーグ自身最多、3試合連続2ケタ

25得点9リバウンド1アシスト2ブロックを挙たウィザーズの八村塁 [写真]=Getty Images(写真は7日のもの)
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月12日(現地時間11日)にラスベガスで「MGM Resorts NBAサマーリーグ」が行われ、八村塁所属のワシントン・ウィザーズがアトランタ・ホークスと対戦した。

 10日(同9日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦を休養のため欠場した八村だったが、この日はスターティングファイブの一員として2試合ぶりに出場。第1クォーターは開始1分49秒にジャンプショットでチーム初得点を挙げると、3つのリバウンドを奪った。

 続く第2クォーターはジャンプショットとフリースロー2本で計4得点を記録すると、第3クォーターは開始1分54秒にNBAで自身初となる3ポイントを成功。直後には強烈なブロックを決め、残り4分22秒にも長距離砲を沈めた。第4クォーターには“3点プレー”やアリウープを見せるなど活躍し、試合をとおして25得点9リバウンド1アシスト2ブロックをマーク。チームは76-71で勝利を収めた。

 なお、八村は7日(同6日)のニューオーリンズ・ペリカンズ戦での14得点、9日(同8日)のブルックリン・ネッツ戦での19得点に続き、3試合連続の2ケタ得点。サマーリーグでの自身最多得点を更新した。