2019.08.09

バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・キャンプ・アジアが8月14日から東京で開催

田臥勇太をはじめOBや現役プレーヤーが指導に当たる[写真]=Getty Images、B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAとFIBAによる第11回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア2019が東京にて開催される。

 世界的なバスケットボール界の発展とコミュニティアウトリーチプログラムであるバスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ(以下、BWB)は、2001年よりこれまで6大陸にまたがる30か国、38都市で計60回キャンプを開催。129の国と地域から3500名以上の選手が参加した。そのうち、69名の選手がNBAのドラフト指名やフリーエージェント契約を果たしており、2019年のドラフト9位である八村塁(ワシントン・ウィザーズ)もその一人。2016年のBWBグローバルに参加している。なお、日本開催は2012年以来、2回目となる。

【開催日程】8月14日(水)~8月17日(土)
【参加者】
トロイ・ジャスティス(NBA国際バスケットボール運営部門)
パトリック・ハント(キャンプディレクターおよびワールド・アソシエーション・オブ・バスケットボールコーチ会長)
サム・キャセール(3度目のNBAチャンピオン)
ケボン・ルーニー(2度目のNBAチャンピオン)
ロビン・ロペス(ミルウォーキー・バックス)
田臥勇太宇都宮ブレックス/元フェニックス・サンズ)
アシュリー・バトル(WNBA引退選手)
アリソン・フィースター(WNBA引退選手)
ヨランダ・モア(WNBA引退選手)
※18の国と地域から男女64名の選手が参加