2019.08.16

八村塁がトークイベントに登場…“MJ”とのエピソード、バッシュについて語る

日本人で初めてジョーダンブランドと契約した八村
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月16日、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)のトークイベントがナイキ原宿で行われた。

 八村はNBAドラフト2019での出来事を振り返り、ウィザーズから1巡目9位指名を受けたことについて「人生が変わったという感じ。最高の瞬間を家族と過ごすことができてうれしかったです」とコメントした。

 ドラフト直後には日本人で初めてジョーダンブランドと契約したことが発表。明成高校時代に出場した「ジョーダン・ブランド・クラシック・インターナショナル・ゲーム」で同ブランドのシューズを好きになったという八村は、“バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とのあるエピソードを明かした。

 ジョーダンブランドの会社を訪問した際、「社員の方に渡された携帯(画面)に“MJ”と出ていて。“MJ”ってあの“MJ”……?と。『早く電話に出て』と言われました」。ジョーダンには「Welcome to Jordan family(ようこそジョーダンファミリーへ)」と言われたようだが、「動揺しちゃって。僕はずっと『Thank you』(ありがとうございます)しか言えなくて(笑)」と明かした。

 また、コート外で履くシューズについても言及。「いろいろなカラーがある」という理由で『JORDAN 12』が好きだったようだが、「最近は『JORDAN 4』を履いています。履き心地がいいですし、カッコいいので。外で履く時はファッションを重視しています」と語った。

 今後は日本代表での「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」を経て、NBAのルーキーシーズンを迎える。ゴンザガ大学時代と異なり、「(NBAでは)勉強しないでバスケだけできる」と笑顔。ファンに向けて「バスケは楽しいスポーツ。プレーする、見るだけでなく、音楽やファッションなども関わっている。いろいろな楽しみ方があって、ジョーダンブランドもファッション商品を出していますので、そういったことにも注目してもらえればと思います」とメッセージを送った。