2019.08.21

シクサーズの“ストレッチ4”マイク・スコットが東地区で警戒するバックスとネッツ

シクサーズ在籍2シーズン目を迎えるスコット[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

昨季3ポイント成功率40パーセント超えを記録した“ストレッチ4”

 昨季途中、トレードでロサンゼルス・クリッパーズからフィラデルフィア・セブンティシクサーズへと移籍したマイク・スコットは、シクサーズで息を吹き返した。

 クリッパーズでは52試合に出場して平均14.4分4.8得点3.3リバウンドだったものの、シクサーズでは27試合(うち先発は3試合)で平均24.0分7.8得点3.8リバウンドとプレータイムが約10分間も増加。

 203センチ107キロのスコットは、コート上にスペースを作り出すことができる“ストレッチ4”として知られており、昨季も3ポイント成功率は40.1パーセントという高確率。シクサーズでは41.2パーセントという高精度を誇っていた。

 制限なしフリーエージェント(FA)となった今夏、スコットはシクサーズと再契約を結び、在籍2シーズン目を迎える。

 シクサーズにはジョエル・エンビードベン・シモンズという若きオールスターデュオが君臨しているのだが、今夏トレードでジョシュ・リチャードソンを獲得し、トバイアス・ハリスとは再契約、FAでアル・ホーフォードを加えたことで、リーグきってのビッグラインナップを形成することに成功。

 ベンチにもトレイ・バークやハウル・ネト、ジェームズ・エニス3世、スコット、カイル・オクインといった選手たちが控えており、イースタン・カンファレンス屈指の豪華戦力を有している。

レディックがペリカンズへ移籍したこともあり、スコットはシクサーズで頼れるシューターの1人となった[写真]=Getty Images

「相手チームをリスペクトしている」スコットがライバルとして挙げた2チーム

 8月21日(現地時間20日)に『Sixers Wire』へ掲載された記事の中で、スコットは「今シーズンは僕らにとってすばらしい機会になる気がしている」と発言。そして今季イーストでライバルになりうるチームを2つ挙げていたので紹介したい。

「ミルウォーキー(・バックス)とブルックリン(・ネッツ)。僕らにとって、この2チームと対戦することはワクワクさせるものだね。大きなチャレンジになると思うけど、僕らはすでに準備できている」。

 バックスは昨季のシーズンMVPヤニス・アデトクンボという唯一無二の武器を持ち、オールスターのクリス・ミドルトンエリック・ブレッドソーブルック・ロペスらが主軸を務める。また、スコットがアトランタ・ホークス在籍時に指導を受けた指揮官のマイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)の存在も大きい。

ブーデンホルザーHC(左)1年目となった昨季、バックスはリーグトップの戦績を残し、アデトクンボ(右)はMVPへと成長した[写真]=Getty Images

 そしてネッツはKDことケビン・デュラントカイリー・アービングという今夏のFAトップ2と言っても過言ではないスーパースターを2人も獲得。デュラントはアキレス腱断裂のため、今季の出場が危ぶまれているものの、スコットは両チームを警戒しているという。

「ミルウォーキーは常にリーグにおいてトップチームの1つ。イーストではなく、リーグ全体でね。ブルックリンはKDがケガでいなくとも、カイリーとトーリアン(・プリンス)を獲得しているし、(スペンサー・)ディンウィディーや(キャリス・)ルバートがいるから、両チームとも際立っているよ」とスコット。

 昨季の覇者トロント・ラプターズは、ファイナルMVPのカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)を失ったことで、今季の覇権争いから一歩後退したというのが大方の予想ではある。そんな中で、スコットは「僕はいつだって謙虚に物事を見ている。相手チームをリスペクトしているんだけど、この2チームは現時点ですばらしいチームだと思う」と語っていた。

 今季のイーストは絶対的な本命が不在なだけに、予想外のチームがトップの戦績を残す可能性もある。その中で、イースト上位候補チームたちがどのような戦いぶりを見せるのか。スコットがシクサーズでこなす役割も、チームの成績を左右することになると言っていいだろう。

超絶ハンドリングから華麗なプレーを繰り出すカイリーが加入したネッツも侮れないチームだ[写真]=Getty Images