2019.09.27

ウィザーズGM、合流した八村塁に期待「無限の可能性を秘めている」

ウィザーズのトミー・シェパードゼネラルマネージャーがチームの公式Twitterを通じてコメント [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 ワシントン・ウィザーズのトミー・シェパードゼネラルマネージャーが9月27日、チームの公式Twitterに投稿された動画を通じて日本代表の八村塁について言及した。

 シェパードGMは合同自主トレーニングを終えて「たくさんの選手が万全の状態だった。一人ひとりがプロ意識を持っている証拠だ」とコメント。NBAドラフト後、サマーリーグ、日本代表活動、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」など忙しい日々を送った八村については「ワシントンに来て我々のコーチ陣と取り組んでいる姿が見られてうれしい。でもその先のことを考えすぎないこと。慎重にやっていくことも大事だと思う。すごくいい選手になれると思っている。本当に彼の可能性が楽しみだ」と期待を寄せた。

 また、日本の若き至宝を「マルチな選手。パスをよく出す選手だから周りには当然好かれる。シュート力もあるし、ディフェンスの意識も高い。無限の可能性を秘めている」と評価し、「性格がいいからね。お互いの経験をシェアして、みんなと仲良くなっている。当然ルーキーだからいじられることもあるだろうが、人気者でいいチームメートだ」と、オフコートでの一面も明かした。

 今後はチームキャンプを行い、10月23日(現地時間22日)の開幕に向けて調整を進めていくことになる。シェパードGMは食事面や体のケアなどを強調した上で、「82試合をどう切り抜けるか。こういう意識はすでにゴンザガ大学で十分身につけている。でも学ぶことはたくさんある。実際にシーズンを経験してみないとわからないこともたくさんあるだろう」と語った。

BASKETBALLKING VIDEO