2019.10.17

グリズリーズ指揮官が新人PGジャ・モラントを絶賛「パサーとしても際立っている」

今年のドラフト全体2位指名のモラント[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「彼はリムへと持ち込む方法を知っているし、チェンジオブペースは驚異的だ」

 今年のドラフト1巡目全体2位でメンフィス・グリズリーズに指名されたジャ・モラントは、ルーキーシーズンから早速先発ポイントガード(PG)として起用されることが確実視されている。

 190センチ79キロのモラントは、ここまでプレシーズンゲームで3試合出場しており、平均20.7分9.7得点3.0リバウンド7.7アシストをマーク。レギュラーシーズンではないものの、平均2.0本のターンオーバーで約8本のアシストはルーキーとして申し分ない数字と言っていい。

 フィールドゴール成功率40.7パーセント、3ポイント成功率0.0パーセントと、ショットの精度には苦しんでいるものの、随所に才能あふれるプレーを見せており、新生グリズリーズの象徴として期待が膨らんでいる。

 今季からグリズリーズの指揮官に就任したテイラー・ジェンキンズHC(ヘッドコーチ)は、10月17日(現地時間16日)に『The Athletic』へ掲載された記事の中で、モラントをこのように評している。

「彼が持つスピードと身体能力は間違いなく目立っている。だが私にとって、パサーとしての彼が持つゲームセンスも同様に際立っていると思うね。彼はチームメートたちがコートのどこにいるのかを把握しているし、トラブルに陥った時にパスで打開する際、どこへパスをさばけばいいのかも分かってるんだ」。

 抜群の身体能力を持つモラントは、まるでカイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)のようなボールハンドリングで相手ディフェンダーを交わしてフィニッシュまで持ち込むことができるだけでなく、いとも簡単に360度ダンクを繰り出すことができる。

「彼はどうやってリムへと持ち込むことができるかを知っている。特にチェンジオブペースは驚異的だ。今後、彼は選手として向上を続けていくだけ。コーチングスタッフらによってコントロールされた中でプレーしているけど、数多くのことをこなしてくれているよ。これは誰かが教えられることではないんだ」とジェンキンズHCが絶賛。

スペーシングを重視し、ハイスコアリングゲームを掲げるジェンキンズHCにとって、モラントはチームのシステムにフィットするはず[写真]=Getty Images

 先発センターを務めるヨナス・バランチュナスは、今夏プレーヤーオプションを破棄して制限なしフリーエージェント(FA)となったのだが、1,700万ドル(約18億3,600万円)という高額年俸ではなく3年4,500万ドル(約48億6,000万円/年平均1,500万ドル)という長期契約を選んだ。

 それはほかでもない、モラントがチームに加入するからだったと言うほど、この新人PGが持つポテンシャルは限りなく高い。

 先発PGとして、長いプレータイムを得ることが予想されるモラントは、レギュラーシーズン開幕後もリーグへ強烈なインパクトを与えることができるのではないだろうか。