2019.10.29

ドレイモンド・グリーンがミシガン州立大学で着用した23番が12月に永久欠番へ

ミシガン州立大学で4年プレーしたグリーン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

在籍した4年間すべてでNCAAトーナメントに出場したグリーン

 10月29日(現地時間28日)。ミシガン州立大学は、ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が着用していた背番号(23)を永久欠番にすると発表した。

 2008-09シーズンから11-12シーズンまでの4年間、同大でプレーしたグリーンは、通算145試合(うち先発は66試合)に出場。平均25.0分10.5得点7.6リバウンド2.9アシスト1.2スティールを記録。

 NCAAトーナメントには在籍した4年間すべてで出場。1年次にはNCAAファイナル(ノースカロライナ大学に敗戦)、2年次にはファイナル4(準決勝)に進出したものの、ゴードン・ヘイワード(現ボストン・セルティックス)擁するバトラー大学に敗退。悔しい思いもしてきたが、4度のトーナメントでトリプルダブルを2回も達成していた。

 4年次に平均16.2得点10.6リバウンド3.8アシストをマークしたグリーンは、12年のドラフト2巡目全体35位でウォリアーズから指名されてNBA入り。

 今季でNBAキャリア8年目を迎えたグリーンは、12月4日(同3日)のデューク大学との試合で行われるセレモニーに登場することが予想される。

 同大のトム・イッゾHC(ヘッドコーチ)は「ミシガン州立大学の歴史上、最大の勝者の1人にふさわしい栄誉だ」とグリーンを称えていた。