2019.11.21

八村塁、3試合ぶり2ケタの15得点に7リバウンド…ウィザーズの勝利に貢献

ファウルトラブルになりながらも3試合ぶりに2ケタ得点をマーク [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月21日(現地時間20日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がキャピタルワンアリーナで行われたサンアントニオ・スパーズ戦に出場した。

 開幕から12試合連続先発出場の八村は、第1クォーター開始2分57秒に2本のフリースローを沈めた。しかし、直後のディフェンスでデマー・デローザンに翻ろうされ、早くも2つ目のファウルを犯して交代。トロイ・ブラウンJr.とブラッドリー・ビールも2ファウルと苦しむ中、35-38で最初の12分間を終了した。

 続く第2クォーターは開始4分39秒から出場し、フックシュート、レイアップを立て続けに成功。アイザイア・トーマスのアシストから決めたダンクもあり、前半で8得点2リバウンドを記録した。

 開始早々にファウルを犯した第3クォーターはフリースロー、レイアップで得点を3試合ぶりに2ケタにのせ、チームも連続得点で逆転。ディフェンスリバウンドを奪って速攻を仕掛け、デイビス・ベルターンスの3ポイントをアシストする場面もあった。

 第4クォーターは119-115で迎えた残り5分29秒からコートに入ると、リードを10点に広げるイシュ・スミスの3ポイントをアシスト。同2分53秒にはレイアップを決め、同1分4秒にはデローザンのファウルを誘発して2本のフリースローを沈めた。チームはスパーズの反撃から逃げきり、最終スコア138-132で勝利。2試合ぶりの白星を手にした。

 なお、八村は25分の出場でフリースロー5本を含む15得点にチーム最多の7リバウンドをマークした。