2019.11.27

カードマスターへの道:2019-20シーズン展望【コラム/コレクション】

すでに八村(左)やザイオン(右)といったルーキーのカードも発売されている [写真]=MINT
ライター/イラストレーター。長年カード関連の企画・出版物に記事を寄稿しているライターであると共に自身も1990年代初頭から四半世紀に渡りカード収集を続けているカードマニア

 日本時間の2019年10月23日、NBAの2019-20シーズンが遂に開幕した。すでに全米各地で手に汗握る激戦が繰り広げられているが、日本のNBAファン的にはなんと言っても日本人初のドラフト上位指名選手となった八村塁(ワシントン・ウィザーズ)の活躍が気になるところだろう。しかし、今季の見どころはそれだけにとどまらない。今回は2019-20シーズンの注目選手を挙げていくとともに、それらにまつわるNBAカードの話題にも触れていこうと思う。

八村塁の鮮烈デビュー

「今季の見どころは八村だけではない」とは言ったものの、やはり彼をおいて(少なくとも日本のNBAファンにとっては)今季のNBAは語れない。ドラフト9位という高順位で指名されたことから大きな期待をかけられていた八村だが、デビュー戦で“ダブルダブル”(14得点10リバウンド)を記録し、ホーム開幕戦では優勝候補のヒューストン・ロケッツを相手に23得点を挙げる活躍を見せている。

 まだシーズンが始まったばかりで、現時点の結果だけですべてを判断することはできないが、この活躍を続けていけるならばオールルーキーチームへの選出は間違いないだろうし、今後NBAの中でも重要な選手として生き残っていけるに違いない。

 しかしNBAファン目線ではうれしく思える一方で、カードコレクター目線では厳しい現実が待ち受けている。これだけの活躍をしているルーキーのカードの市場価値は非常に高く、シングルカードで手に入れようとするとそれなりの出費を覚悟しなければいけないだろう。なぜなら日本のNBAカードコレクターだけではなく、世界中のNBAカードコレクターが彼のカードを欲しがるからだ。

 そういう意味では八村のルーキーカードを手に入れるには今のところ「自分で引き当てる」のが一番手っ取り早い方法かも知れない。ところが今季は“八村フィーバー”の影響でNBAカードのボックスでさえも(予約殺到のため)入手が難しくなっている。カードを引き当てるよりも、その前にパック・ボックス争奪戦に勝たなければならない。NBAカードコレクターにはなんとも頭の痛いシーズンになりそうだ。


 

超大物ルーキーのザイオン・ウィリアムソン

ザイオン、モラント、バレット(左から)[写真]=MINT

 今季のドラフト1位指名にしてレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)以来の超大物ルーキーとして話題のザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ)。196センチ130キロと大相撲の力士のような体格を持ちながら驚異的なパワーとジャンプ力で豪快なダンクを叩き込むプレースタイルで学生時代からその存在感は際立っていた。

 プレシーズンゲームでも1試合平均23.3得点6.5リバウンドとエース級の数字を残しており、レギュラーシーズンでの大暴れが期待されていたが、開幕直前に右ひざ半月板を損傷。これは手術が必要なケガで復帰までは6週間から8週間かかる模様。少しでも早くプレーを見たい気持ちはあるが、NBAの将来を担う逸材だけにゆっくりと治して帰ってきてほしいところだ。

 彼のNBAデビューはお預けとなったが、しかしNBAカードではすでに予想以上の猛威を振るっている。今年の9月初旬、彼の初めてのサインカードが海外オークションサイトの『eBay』に出てきた時、一気に1000万円を越える額まで入札額が上昇した(99,900ドル)。後にイタズラ入札と判明しその額は取り消されたが、それでも最終的には40万円越えの落札価格で終了している(3,900ドル)。

 このようにまだNBA(のレギュラーシーズン)で1試合もプレーしていないにも関わらず、彼のカードは多くのコレクターが是が非でも手に入れたい1枚となっている。上では「八村フィーバーの影響で」NBAカードのボックスやパックの入手が難しくなっていると書いたが、その上にこの世界的な“ザイオンフィーバー”も影響していることもつけ加えておきたい。

 余談ではあるが、ザイオン不在の新人王レースで現在先頭を走っているのがドラフト2位指名のジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)。平均18.9得点5.5アシストと主要2部門でルーキートップの成績を残している(11月10日現在)。それに続くのがドラフト3位指名でありデューク大学でザイオンとチームメートだったRJ・バレット(ニューヨーク・ニックス)で、平均16.2得点6.3リバウンド3.9アシストとこちらも非凡な数字を挙げており、今季のルーキーは八村、ザイオンだけじゃないということをまざまざと見せつけている。もしかしたら数年後、「NBA屈指の当たり年」と呼ばれる世代になるのかも知れない。


 

スーパースター移籍の影響

レナード(左)とデイビス(右)[写真]=MINT

 昨季までペリカンズに所属していたアンソニー・デイビスがレイカーズへ。また昨年度の優勝チーム、トロント・ラプターズからはチームの中心選手でありファイナルMVPを獲得したカワイ・レナードがロサンゼルス・クリッパーズへと移籍。その他にも11年間、オクラホマシティ・サンダーのエースとして活躍したラッセル・ウェストブルックがヒューストン・ロケッツへ、そしてゴールデンステート・ウォリアーズの過去3年で2度の優勝に大きく貢献したケビン・デュラントがブルックリン・ネッツに移籍するなど、例年になくスーパースター級の選手の異動が多いシーズンとなった。

 この中でもデイビスとレナードに関しては、NBAの中でも比較的マイナーなフランチャイズから大都市のロサンゼルスに移ったため人気面でかなりプラスになるのではと考えられる。今まで実力に見合った人気が得られなかった両選手だけに、注目度が上がった今季は名実ともにさらなる飛躍が期待できるだろう。

 この2人のドラフト年度は違うが(レナード2011年、デービス2012年)、レナードのデビュー年である2011-12シーズンはロックアウトのためNBAカードがほとんど発行されなかったので、彼らの主だったルーキーカードはともに2012-13シーズンのセットに封入されている。

 すでに彼らのルーキーカードは高い評価を受けているが、今季の活躍具合によってはさらに上昇することも考えられる。「1枚くらい良いカードを持っておきたい」と思うのならば今季序盤のうちに押さえていた方が無難だろう。


 

飛躍する若手選手たち

ヤング(左)とドンチッチ(右)[写真]=MINT

 NBAカード側から見たシーズン展望だと、どうしてもルーキーやスーパースターの話が中心になってしまうが、今季はそこに世代交代を狙う若手選手が加わる。昨季の新人王を争ったルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)とトレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)は2年目のジンクスもなんのその。十分に素晴らしい成績だった昨季をさらに越える数字を叩き出している。

 特にドンチッチはシーズン平均“トリプルダブル”を狙えるくらいの活躍を見せており(平均27.7得点10.8リバウンド9.1アシスト)、これはオールスターどころかシーズンMVPを獲得してもおかしくないくらいの驚異的な数字だ。この活躍を受けて彼のカードの人気はさらに上昇し続けている。

 現在カードショップには2019-20シーズンのNBAカードのパックやボックスが並んでいるが、その傍らに置いてある(ある意味では売れ残りだと思われるような)昨年度のパック・ボックスも新製品と同様に売れているらしい。その理由は言わずもがな。ヤングやドンチッチのルーキーカードを引き当てるチャンスがまだそこにあるからだ。


 

2人のモンスターに注目

アデトクンボ(左)とレブロン(右)[写真]=MINT

 最後に怪物級の活躍を続ける2人の選手を紹介したい。

 まずは昨季のMVP、ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)。今季平均29.7得点14.3リバウンド6.8アシストとMVPを獲った昨年の数字をさらに上回ってきており、一体この選手はどこまで成長するのかと驚かされる。

 そして2人目は“王様”レブロン。今季は順調に行けばコービー・ブライアント(元レイカーズ)の総得点記録33643点を塗り替える予定で、また新しいチームメートにデイビスを加えたお陰で自身5度目の優勝も狙える状況だ。

 今季はエースの座をデイビスに譲り、レブロン自身はゲームメークを中心としたアシスト役に回っている。そのかいもあってか現在アシストカテゴリーでリーグ1位(平均11.0アシスト)を走っており、このままの調子を維持できるならばアシスト王という新たな勲章が彼の経歴に加わることになりそうだ。

 レブロンのカードは現在すべての年代において急激に需要が高まっており、それはかつてのマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)の水準にまで達しようとしている。彼に関してはルーキーカードやサインカード、実使用系カードといった特別なカードだけではなく、普通のレギュラーカードを含めたすべてのカードを大事に保管しておいた方がいいだろう。

 このように今季のNBA、そしてNBAカードの見どころは非常に多い。日本人選手を応援するのもよし、新たなスター選手の誕生に期待するもよし。また新たに発行されるNBAカードのデザインをワクワクして待つのもいいだろう。自分に合ったやり方で今季のNBAを楽しみ尽くしてほしい。

文=soma
写真=MINT

カードマスターへの道のバックナンバー