2019.11.27

昨季の覇者ラプターズを練習中の“コーチ”として支えるカイル・ラウリー

ナースHC(左)を練習中に補佐しているラウリー(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「多くの選手たちが彼の話に耳を傾けているよ」とナースHCは好意的

 ディフェンディング・チャンピオンとして迎えた今季、トロント・ラプターズはここまでイースタン・カンファレンス2位タイの12勝4敗。直近6戦で5勝と、好調を維持している。

 チームの中心は昨季のMIP(最優秀躍進選手賞)、パスカル・シアカム。エースを務めるシアカムは、平均37.1分25.7得点8.4リバウンド4.0アシストというすばらしい成績でラプターズをけん引しており、オールスター初選出へ前進していると言っていい。

 また、開幕からスターターを務めるフレッド・バンブリートが平均18.5得点3.9リバウンド7.7アシスト1.8スティールをマーク。そのほか、サージ・イバカ(平均14.0得点6.5リバウンド1.3ブロック)やOG・アヌノビー(平均11.8得点5.1リバウンド)、ノーマン・パウエル(平均11.8得点4.0リバウンド)らが主力を務めている。

 チーム最古参のカイル・ラウリーは、平均21.8得点4.3リバウンド6.5アシスト1.1スティールと上々の成績を残しているものの、左手親指の負傷でここ8試合を欠場。その中で、チームが白星先行なのは大きな収穫だろう。

 だが地元メディア『TSN』によると、ラウリーはチーム練習時に顔を出しており、コーチ役も務めているという。

 ニック・ナースHC(ヘッドコーチ)はラウリーのコーチングについて「総合的に見て、独裁主義者だな。あぁでもこれはジョークだよ。彼(の指導)は非常に直接的なんだ」と笑みを浮かべると、「彼は長い年数をプレーし、ゲームでスマートにプレーするためのコツをいくつも持っていることは明らか。だから多くの選手たちが彼の話に耳を傾けているよ」とポジティブな見解を示していた。

 ラウリーの具体的な復帰時期は未定ではあるものの、キャリア14年目のベテランであり、チームも好調なため、ナースHCをはじめ、コーチングスタッフは復帰を無理に早めたりはしないだろう。

 その中で、ラウリーが若手を指導することはチームにとっても間違いなくプラス。シーズンは長いだけに、ラウリーにはケガを完治させて万全なコンディションで復帰してほしいところだ。