2019.12.03

クリッパーズのジョージがカーメロに関してコメント「今後も偉大な選手であり続ける」

サンダー時代にジョージはカーメロとチームメートだった [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

カーメロの復帰をジョージが祝福

 今シーズンいよいよNBAの舞台へ帰ってきたカーメロ・アンソニー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)。試合を重ねるごとに本来の調子を取り戻し、12月3日(現地時間2日)に発表されたプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手)に、ウェスタン・カンファレンスから選出された。6試合で平均30.7分17.7得点6.0リバウンド2.2アシストを記録し、フィールドゴールは46.2パーセント、3ポイントシュートは37.0パーセント、フリースローは80.0パーセントをマークしている。

 直近3連勝ではチームのオフェンスに大きく貢献。シャープで美しい持ち前のジャンパーに加えて、力強くインサイドへステップを踏んでレイアップをねじ込むフィニッシュ力など、会場やチームメートを惹きつける存在感は、まるで全盛期を彷彿させるものがある。カーメロのNBA帰還に多くのファンや選手たちが歓迎している中、現地記者でロサンゼルス・クリッパーズ担当のトマー・アザリー記者によれば、クリッパーズのポール・ジョージがカーメロに関してコメントしたようだ。

「(カーメロ復帰は)素晴らしいことだね。彼が復帰した最初の試合で、メディアがこぞって彼のプラスマイナスはこれだ、と言っていたのが心底好きじゃなかった」と話すジョージ。続けて「その後、彼はいいプレーをし、メディアが3試合立て続けに活躍していると報道している。僕は彼の復帰によって、彼の物語がこんなふうに表現されていることが本当に気にくわないよ」と、カーメロの復帰に対しての現地メディアの報道に嫌悪感を示した。

「メロは偉大なプレーヤー。そして今後もそうあり続ける」と、ジョージはオクラホマシティ・サンダー時代のチームメートを称える。また、「スタートから最後まで素晴らしい活躍をしている。メロが復帰するためにドアを開けてくれたこと、そして彼のキャリアを引き伸ばしてくれたポートランドに感謝している」と言葉を締めくくった。

 カーメロが復帰した最初の3試合でチームは3連敗を喫し、個人としての出来も決して良かったわけではない。リーグ関係者の中には35歳の彼が再びNBAでプレーする上で、プレースタイルやディフェンスに対して疑念を抱いたりと、貢献できるかどうか懐疑的に思われているという報道も現地ではされていた。だが実際に結果で周囲のネガティブな評価を打ち消したことは、やはりカーメロが生来のスター選手である証なのかもしれない。