2020.01.11

昨季の覇者ラプターズのエース、パスカル・シアカムが股関節の負傷から来週復帰か?

今季平均25.1得点を記録しているシアカム[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「パウエルが次戦、シアカムとガソルは近いうちに復帰できるかも」と指揮官

 1月11日(現地時間10日)。リーグの情報筋が『ESPN』に伝えたところによると、トロント・ラプターズのパスカル・シアカムがチーム練習に復帰したという。

 昨年12月19日(同18日)のデトロイト・ピストンズ戦で股関節を負傷したシアカムは、無期限の戦線離脱と報じられており、ここまで11試合連続で欠場中。また、同試合でマルク・ガソルが左ハムストリング、ノーマン・パウエルは左肩をそれぞれ痛めたことで、ラプターズはスターター3選手を欠いた状態で戦っていた。

ガソル(左)とパウエル(右)の復帰が近づいていることも朗報となった[写真]=Getty Images

 そんな状況の中、昨季の覇者ラプターズはニック・ナースHC(ヘッドコーチ)の下、カイル・ラウリー、フレッド・バンブリートというガードデュオを中心に6勝5敗と奮戦。

 9日(同8日)のシャーロット・ホーネッツ戦ではバンブリートも欠場する中、ラウリー(15得点9アシスト)だけでなく、ベテランビッグマンのサージ・イバカ(23得点11リバウンド2ブロック)、ルーキーのテレンス・デイビス(23得点11リバウンド5アシスト)が躍動。

 さらにOG・アヌノビーが19得点7リバウンド、パトリック・マコーが13得点5リバウンド11アシストの活躍を見せ、延長の末に112-110で勝利し、25勝13敗でイースタン・カンファレンス4位という好位置にいる。

 10日(同9日)の練習後、ナースHCはシアカム、ガソル、パウエルが一部ではあるものの、練習に参加したと、集まった記者たちへ語っていたと同メディアが報じている。

 そしてパウエルは13日(同12日)のサンアントニオ・スパーズ戦から復帰できる見込みで、シアカムとガソルについても近いうちに復帰できるかもしれないと指揮官が言及。

 今季は相次ぐケガにより、なかなか主力選手たちがそろわなかったラプターズだが、今月中には主力が復帰してベストメンバーを組むことができそうだ。