2020.02.11

レブロンやKD、カリーらが選出/東京オリンピックのアメリカ代表ロースター候補発表

レブロン(右)とデュラント(左)による超強力タッグが2012年以来の実現なるか?[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月11日(現地時間10日、日付は以下同)。USAバスケットボールが、今夏の「東京オリンピック2020」に出場するアメリカ代表の候補選手44名を発表した。

 バスケットボール(5対5)は、今年7月26日から8月9日にかけて、さいたまスーパーアリーナで行われる。

 オリンピック本番に向けて、今後トレーニングキャンプやエキシビジョンゲームの日程が発表されることになるだろう。

 今回発表された44選手は以下のとおり。
※チーム名は略称、G=ガード、F=フォワード、C=センター

■東京オリンピックに出場するアメリカ代表のロースター候補
バム・アデバヨ(ヒート/F-C)
ラマーカス・オルドリッジ(スパーズ/F)
ハリソン・バーンズ(キングス/F)
ブラッドリー・ビール(ウィザーズ/G)
デビン・ブッカー(サンズ/G)
マルコム・ブログドン(ペイサーズ/G)
ジェイレン・ブラウン(セルティックス/F)
ジミー・バトラー(ヒート/F)
マイク・コンリー(ジャズ/G)
ステフィン・カリー(ウォリアーズ/G)
アンソニー・デイビス(レイカーズ/F-C)
デマー・デローザン(スパーズ/G)
アンドレ・ドラモンド(キャバリアーズ/C)
ケビン・デュラント(ネッツ/F)
ポール・ジョージ(クリッパーズ/G)
ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ/F)
ジェームズ・ハーデン(ロケッツ/G)
モントレズ・ハレル(クリッパーズ/F)
ジョー・ハリス(ネッツ/G)
トバイアス・ハリス(シクサーズ/F)
ゴードン・ヘイワード(セルティックス/F)
ドワイト・ハワード(レイカーズ/F-C)

今季レイカーズで健康を取り戻したハワードも選出された[写真]=Getty Images

ブランドン・イングラム(ペリカンズ/F)
カイリー・アービング(ネッツ/G)
レブロン・ジェームズ(レイカーズ/F)
カイル・クーズマ(レイカーズ/F)
カワイ・レナード(クリッパーズ/F-G)
デイミアン・リラード(ブレイザーズ/G)
ブルック・ロペス(バックス/C)
ケビン・ラブ(キャバリアーズ/F)
カイル・ラウリー(ラプターズ/G)
ジャベール・マギー(レイカーズ/C)
クリス・ミドルトン(バックス/F)
ドノバン・ミッチェル(ジャズ/G)
ビクター・オラディポ(ペイサーズ/G)
クリス・ポール(サンダー/G)
メイソン・プラムリー(ナゲッツ/C)
マーカス・スマート(セルティックス/G)
ジェイソン・テイタム(セルティックス/F)
クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/G)
マイルズ・ターナー(ペイサーズ/C)
ケンバ・ウォーカー(セルティックス/G)
ラッセル・ウェストブルック(ロケッツ/G)
デリック・ホワイト(スパーズ/G)

セルティックスからはW杯組(左からスマート、ブラウン、テイタム、ケンバ)に加えてヘイワードも選出[写真]=Getty Images

レイカーズとセルティックスが最多タイとなる5人輩出
リハビリ中のKDとトンプソンが入る中、球宴入りしたヤングが落選

 レブロン、デイビス、クーズマにハワードとマギーというビッグマンが選ばれたレイカーズ。ケンバにテイタム、ブラウン、ヘイワード、スマートが名を連ねたセルティックスが最多タイとなる5人。

 アメリカ代表の指揮官を務めるグレッグ・ポポヴィッチHC(ヘッドコーチ)が指揮するスパーズからはオルドリッジ、デローザン、ホワイトの3人、スティーブ・カーAC(アシスタントコーチ/ウォリアーズHC)が指導するウォリアーズからはカリー、トンプソン、グリーンが選ばれる一方で、ロイド・ピアースACが指揮するホークスからは選出なし。

 キャリア2年目でオールスターのスターター入りを果たしたトレイ・ヤングは「もちろん、僕だってこのチームでプレーしたかった」と地元メディア『The Atlanta Journal-Constitution』へもらしている。

 KDことデュラント、トンプソンは今季ケガのためプレーしておらず、リハビリ中となっており、オリンピックに出場できる選手は12名のみ。今季終了後までにケガをしてしまう選手が出てくる可能性も否定できず、トレーニングキャンプでロースター候補がどこまで絞られるのかが気になるところだ。

3月上旬に復帰見込みのカリー。自身初のオリンピック出場に期待がかかる[写真]=Getty Images