2020.03.03

9選手が2ケタ得点を記録したグリズリーズ、ホークスに39点差快勝…渡邊雄太は約5分間出場

競った展開の前半から、後半はグリズリーズが突き放した[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月3日(現地時間2日)、メンフィス・グリズリーズがステイトファーム・アリーナにてアトランタ・ホークスと対戦。渡邊雄太もベンチ入りを果たした。

 グリズリーズは第1クォーター序盤こそホークスにリードを許すも、ヨナス・バランチュナスによるチーム初得点を皮切りに徐々に追い上げ、24-23と勝ち越しに成功。第2クォーターもディロン・ブルックスが8得点を挙げるなど着実に加点し、52-49とリードして前半が終了。

 点差が開いたのは第3クォーター。ディアンソニー・メルトンやジャ・モラントらの得点で32点を積上げた一方、ホークスの得点を19点に抑え、84-68と16点のリードで最終クォーターへ。最後の12分間もグリズリーズペースで試合は進み、111-75と点差が36点に開いた試合時間残り5分25秒に、渡邊雄太がタイアス・ジョーンズとの交替でコートに。試合時間残り57秒には、渡邊はドライブからジャンプシュートを放つもこれはリングに弾かれた。

 試合はそのまま終了し、9選手が2ケタ得点を記録するなどチーム力の高さを見せたグリズリーズが127-88で勝利。NBA4戦連続出場を果たした渡邊は5分25秒間コートに立った。